« 〔フクイチ核惨事 6年目入り〕◇ 山形県の村山地方 2015年度 土壌(0~5センチ)1キロあたり193ベクレル(平均濃度)の放射性セシウムを検出! 前年度(180ベクレル/キロ)より、13ベクレルも上昇 / ◎ 最高値の山形市蔵王温泉、670ベクレルへ、前年度の342ベクレルから、倍近くも急増 / 浄水場、学校でも検出! ★ フクイチ・プルームが山形にも届き、死の灰を降らせている! 五輪「新国立」より前に、「フクイチ密封巨大ドーム」の建設を! | トップページ | 〔フクイチ核惨事 6年目入り〕◇ 3号機核燃プールへの自衛隊ヘリによる「水投下」……直前2時間余り前の「3・17」午前7時、 米軍トップのマレン統合参謀本部議長から「果敢(アグレッシブ)な行動が必要だ」などと自衛隊の決断を促す電話 ―― 投下を指揮した折木良一元統合幕僚長が明らかに ★ 実は「ヘリによる水投下」は日本側が米側に「公式要請」し、拒絶されていた作戦だった! 米側にドヤされての「決行」だったとは……!  »

2016-03-15

〔フクイチ核惨事 6年目入り〕◇ 米国の日本研究家、ノーマ・フィールドさん(シカゴ大学名誉教授)が「3・11」5周年で、日本政府に対して怒りを表明 「わたしは驚き、怒っています。放射能にもっとも敏感なこどもたちをふくむ一般の人びとを(被曝作業員並みの20ミリシーベルトもの)被曝させていることは、犯罪的です」

56e0bee075d3e_image

 ★ 小林多喜二研究でも知られるノーマ・フィールドさんは日本人を母に、アメリカ人を父に持つ知日家だ。

 「3・11」5周年講演で訪れたモンタナ州の大学町で、地元紙のインタビューに答えた。

 放射能にやられやすいこどもたちまで放射能作業職レベルの被曝を強いて恥じない日本政府の非情さに、モンタナの人びとも驚いたことだろう。

 逃がすどころか、帰れといい、帰らないなら住宅補助削減で兵糧攻めする日本の当局のやり口を見て、2020年の「東京オリンピック」開催に首をかしげ出した人も多かったろう。

 ノーマ・フィールドさんは2011年の「3・11」後、6回、日本を訪れたそうだ。

 そのとき会った被曝地の親の一人がノーマさんにこう言ったそうだ。

 「わたしたちはこどもたちを貧困さらすか放射能にさらすか、どちらかの選択を迫られているのです」

 日本政府はフクイチ・ヒバクシャの移住権を認め、「3・11」以前の生活水準を保障すべきである。

          *

 ・ To protect ordinary citizens from harmful radiation, the exposure standard had been 1 millisievert a year. But now the government says it’s OK for the public to be exposed to 20 millisieverts – the level set for workers in radiation occupations.

 ・ “I think it’s absurd. I’m upset and outraged. To expose ordinary people, including kids who are the most sensitive (to radiation), is criminal.”

 ・ During one of her six visits to the Fukushima area, Field said, a parent told her, “’We face the choice of exposing our children to poverty or radioactivity.’”

          *

 〔★は大沼〕 ◎ Five years after Fukushima meltdowns, critic sees more cover-up than cleanup
  (10日付け)⇒ http://www.bozemandailychronicle.com/news/montana_state_university/five-years-after-fukushima-meltdowns-critic-sees-more-cover-up/article_4c64d267-755c-5aca-bf60-3d7e94ad1446.html

 ◎ ノーマ・フィールドさん ウィキ ⇒ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89

Posted by 大沼安史 at 12:42 午後 |