« 〔米大統領選〕◇ サンダースさん、アイダホ(78%)、ユタ(79%)で圧勝! アリゾナではヒラリーが「勝利」(58%)したが、投票所数の縮小などで大混乱 選挙権を行使できなかった人も! 「アメリカの恥だ」の声! | トップページ | 〔フクイチ核惨事 6年目入り〕◇ フクイチで、青紫色のガスのようなものが噴き出ているように見える(4号機サイド) 今夜9時半過ぎ 東電ライブカメラ (1号機サイドのカメラで見ると)3号機から青紫がかった白い蒸気にようなものが噴き出ている! »

2016-03-24

〔ナガサキ・プルトニウムを生産した米ワシントン州のハンフォード核基地周辺地域で、「無脳児」の出産、相次ぐ〕◇「原因不明」――2010年以来、ヤキマ・ベントン・フランクリンの3郡で、40人以上も! 生まれて55分間、生きて亡くなった、お嬢さんのマリアちゃんの「いのち」を意味あるものにするため、母親のサリーさんは地元の新聞に、マリアちゃんの写真を差し出し、証言を行った!

Screenshot621
 ★ 2012年に地元病院の女性看護師が異常事態に警鐘を鳴らす!

   2012年――2011年の翌年。

   フクイチ・プルームが北米を襲ったことは、よく知られている。

   まさか、そんなことが……?!

          *

 ★ 写真閲覧に注意ねがいます!

   マリアちゃんの写真は、「続きを読む」以下に収録しました。
   
   いま、ここでご覧になっているのは、マリアちゃんの55分間の短い命を刻んだお墓の写真です。

          *

   マリアちゃんら無脳症の赤ちゃんのついて調査報道を行った地元紙、シアトル・タイムズの女性エディターは、マリアちゃんの写真を報じるに至った理由を以下のように、記しています。(⇒ こちら

          *

 マリアの母、サリー・ガルシアは、彼女の娘の、この地上における55分間のいのちを意味あるものにしたいと思った。

 マリアの写真と、マリアへの愛をともに分かち合うことで、マリアと同じ運命をたどる子を救うことができると、サリーさんは信じている。

 Maria’s mother, Sally Garcia, wanted her daughter’s 55 minutes on Earth to have enduring meaning. By sharing the photo and a mother’s love for her baby, she believes she can save others from sharing Maria’s fate.

          *

 ★ この問題で最初に警鐘を鳴らしたのは、サラ・バロンさんという、一人の看護師さんでした。

 2012年のこと。

 25床の地元の病院で、数週間以内に2人の無脳の赤ちゃんが相次いで生まれたときのことです。

          *

 ★ 2012年――と聞いて、わたしはますます胸をかきむしりたくなります。

 フクイチの翌年。

 フクイチ・プルームが原因ではないか、と、どうしても思ってしまいます。

          *

 ★ 「原因は不明」だそうですが、ヒロシマ・ナガサキを経験したわたしたち日本人としては、やはり「放射能」を疑ってしまいます。

          *

 ★ お母さんのサリーさんが言うように、マリアちゃんの死を無意味なものにしてはならないと思います。

 日本のわたしたちも脱原発、核廃絶しかないのではないでしょうか?

          * 

 〔★は大沼〕 ◎ シアトル・タイムズ How the state is missing chances to find deadly birth defect’s cause
  (2015年12月12日付け 2016年1月28日更新)⇒ http://www.seattletimes.com/seattle-news/health/birth-defects-mystery-how-state-is-missing-clues-to-solve-a-deadly-problem/

Screenshot620

          *

 ◎ エネニュースが再報道 Cemetery full of dead babies missing brains next to US nuclear site — Funeral Director: Almost all infants we have died the same way… “that’s pretty much all I see on death certificates” — Few miles from “most contaminated place in hemisphere” — “One of largest documented anencephaly clusters in US history”
  (2016年3月23日付け) ⇒ http://enenews.com/one-largest-documented-clusters-history-video?utm_source=feedburner&utm_medium=email&utm_campaign=Feed%3A+ENENews+%28Energy+News%29

          *

 ・ But records show at least 40 other mothers have lost babies to the disorder in Yakima, Benton and Franklin counties since 2010 — a rate as much as five times higher than the national average.

 ・ Washington’s cluster was discovered after a nurse, Sara Barron, noted in 2012 that two babies with anencephaly were born within weeks of each other at the 25-bed community hospital in Prosser, PMH Medical Center.

          *

 ◎ ハンフォード核施設 ウィキ(日本語) ⇒ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%88

Posted by 大沼安史 at 09:04 午後 |