« 〔米大統領選〕◇ ヒラリーが「勝利」したアリゾナ州民主党予備選 / 民主党有権者たちが8万人がオバマ大統領に「選挙不正」の調査を行うよう署名要求 / 大都市フェニックスのある郡の選挙管理人に対して辞任を要求 200あった投票所を、(なぜか)たった60に削減 5時間もの待ち 投票をあきらめる人も 「これはデモクラシーではない! 弾圧(suppression)だ!」 | トップページ | 〔フクイチ核惨事 6年目入り〕◇ フクイチの現場で、外国人労働者を、初確認! 「南米系と思しき小柄な男性」――「すでに数十人に達している」 »

2016-03-25

〔フクイチ核惨事 6年目入り〕 ≪リテラ≫ ◇ 「もう一度言う、福島原発事故の主犯は安倍晋三だ! 第一次政権時に地震対策拒否、事故後もメディア恫喝で隠蔽…」

Screenshot630

 ◇ だが、福島原発の事故に関して安倍首相はきわめて直接的な責任を負っている。第一次政権で今と同じ内閣総理大臣の椅子に座っていた2006年、安倍首相は国会で福島原発事故と同じ事態が起きる可能性を指摘されながら、「日本の原発でそういう事態は考えられない」として、対策を拒否していたのだ。

          *

 ◇ しかし、これについても、安倍首相は「我が国において、非常用ディーゼル発電機のトラブルにより原子炉が停止した事例はなく、また、必要な電源が確保できずに冷却機能が失われた事例はない。」と一蹴。

 これに対して、吉井議員はスウェーデンのフォルスマルク原発で、4系列あったバックアップ電源のうち2系列が事故にあって機能しなくなった事実を指摘。「日本の原発の約六割はバックアップ電源が2系列ではないのか。仮に、フォルクスマルク原発1号事故と同じように、2系列で事故が発生すると、機器冷却系の電源が全く取れなくなるのではないか。」と糾した。

 すると、安倍首相はこの質問に対して、こう言い切ったのである。

 「我が国の原子炉施設は、フォルスマルク発電所1号炉とは異なる設計となっていることなどから、同発電所1号炉の事案と同様の事態が発生するとは考えられない。」

 吉井議員が問題にしているのはバックアップ電源の数のことであり、原子炉の設計とは関係ない。実際、福島原発はバックアップ電源が全部ダメになって、あの深刻な事故が起きた。それを安倍首相は「設計が違うから、同様の事態が発生するとは考えられない」とデタラメを強弁していたのだ。

          *

 ★ 安倍晋三氏は首相の器ではない。無能な者に国政をまかせ続けるわけにはいかない。

          *

 ◎ リテラ 「もう一度言う、福島原発事故の主犯は安倍晋三だ! 第一次政権時に地震対策拒否、事故後もメディア恫喝で隠蔽…」
 (11日付け)⇒ http://lite-ra.com/2016/03/post-2055.html

Posted by 大沼安史 at 10:58 午前 |