« 〔フクイチ核惨事 6年目の真実〕◇ 「トモダチ作戦」に参加した米海軍艦船(25隻のうちの)16隻が、いまなお、フクイチ放射能で汚染! 米海軍首脳が米軍準機関紙の「星条旗」紙に明言! / 艦内の乗員立入禁止区域が依然として「低レベル」汚染 ★ 東電は、これら米艦船の除染費用を負担しているのだろうか? | トップページ | 〔フクイチ核惨事 6年目の真実〕◇ AERA / 「子孫のためになることを」独の反原発作家 日本の政策に憤りも 「日本の人はおとなしい。子どもと自分の命を大事にし、そのために闘わなければならない」―― 『みえない雲』作者のグードルン・パウゼヴァングさん(88)が呼びかけ! »

2016-03-16

〔フクイチ核惨事 6年目の真実〕◇ Newsweek日本版 / 福島原発の「グラウンド・ゼロ」、いまだ見えぬ廃炉への道のり ★ 「日本死ねっ」的苛酷な現実を、NHKなどアベノ御用マスコミに代わって、拡散報道!

Screenshot541

 ◇ 溶融した高放射能核燃料を発見するべく送り込まれたロボットは「息絶えて」しまった。地下水の汚染防止をめざして、破壊された原発の周囲を囲む地下の「凍土壁」はいまだ完成していない。

 そして、原発の敷地の周囲に増え続ける一方のタンクに貯蔵された高濃度汚染水をどう処理すればいいのか、関係当局は依然として途方に暮れている。

          *

 ◎ (12日付け)⇒ http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/03/post-4684.php

Posted by 大沼安史 at 04:46 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔フクイチ核惨事 6年目の真実〕◇ Newsweek日本版 / 福島原発の「グラウンド・ゼロ」、いまだ見えぬ廃炉への道のり ★ 「日本死ねっ」的苛酷な現実を、NHKなどアベノ御用マスコミに代わって、拡散報道!: