« 〔フクイチ核惨事 6年目入り〕◇ 福島県 「県中浄化センター(郡山市)」、ことしになっても「下水道・活性汚泥」から、「放射性ヨウ素」を検出 1月17日~31日まで2週間連続・連日 ◆ 1月18日には最高値210ベクレル/キログラムにも! ★ ≪100ベクレル「基準」≫ の倍! 深刻な事態では? しかも当日はかなりの雨。「雨」に放射性ヨウ素が含まれていたのではないか? フクイチ放射能の「黒い雨」―― 臨界継続?! | トップページ | 〔フクイチ核惨事 食べさせ棄民〕◆ 対「東電・政府合同交渉」で、福島の農家の人たちは次々に抗議の声を上げた! ――「そんな情けない国家公務員がどこにあるか!!! 他人の命を危険にさらすんだったら、自分もその覚悟を持てよ!!! 誇りだろ、それが人間の」 ★ 子どもにまで、「食べて内部被曝応援」させる国がどこにある! »

2016-03-21

〔テクノロジー犯罪を許してはならない!〕☆ 2011年3月1日、ワシントンで開かれた「生倫理問題・大統領委員会」公聴会で、電磁波などの照射被害(拷問、脳内への音声注入、マインドコントロール)の被害者が次々に証言 ―― ニューヨークの有名女性建築家、サンドラ・フィールズさんは 「11年間、電磁波攻撃・拷問(electro-magnetic radiation torture)にさらされ、自宅アパートを放棄した」と告発

 ★ 日本でも国会、あるいは政府担当機関が公聴会を実施し、実態解明に乗り出すべきだ。

          *          *          *          *

Screenshot582

Screenshot583_2

          *

 ★ 日本でもNPO「テクノロジー犯罪被害ネットワーク」が、安倍首相に対して「要望書」 を提出するなど訴え続けているが、なぜか、一顧だにされない事態が続いている。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ 「生倫理問題・大統領委員会」公聴会・議事録

  ⇒ http://www.jeffpolachek.com/mind-control/2011-bioethics-hearings

          *

〔★は大沼〕 ◎ 関連 〔電磁波拷問を許すまじ!〕◇ 「全米全州、1500人もの被害者が、わたしに直接、電磁波被曝・非電離放射線被曝被害を訴えて来ている」―― 米テキサス州の医師、ジョン・ホールさんが、ホワイトハウスの「生倫理問題研究・大統領委員会」に招請され、証言!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/03/post-c241.html

Posted by 大沼安史 at 06:04 午後 4.電磁波被曝問題 |