« 〔忍び寄る原発テロの危機 〕◇ ベルギーのドエル原発で2014年、何者かが4号機に潜入、タービン潤滑油バルブを開けた結果、タービンが焼き焦げる寸前に 原子炉緊急停止、5ヵ月も運転できない事態に―― ニューヨーク・タイムズが報道 ◇ 同原発の従業員2人が2012年、シリアで「イスラム国」入りし、パリ・テロ主犯も属していた旅団に参加。1人はシリアで戦死、残る1人は2014年、ベルギー国内でテロ関連容疑で拘束、刑務所から出獄後、行方不明に。 | トップページ | 〔フクイチ核惨事 6年目の真相〕◇ 東電会見 : ☆ おしどりマコさん  「テレビ゙会議動画を見直しますと、3月14日に既に炉心損傷程度を5%を基準とした会話があるのですが。これは3月14日に既にメルトダウンが5%の基準で判断するかどうか、把握されていたのではないですか?」 ★ これで東電の「マニュアル、読んでいなかった」弁明が崩れ去った! »

2016-03-26

〔米大統領選〕◇ 25日のサンダースさんのポートランド(オレゴン州)の集会会場に、小鳥が一羽、舞い降りた。サンダースさんが気づくと、小鳥は演壇のマイクのそばの「A Future To Believe In」のスローガンの上にとまった。サンダースさんは言った。「ここにシンボリズムがある。この小鳥は平和のハトだ。世界に平和を、と言っている。ノーモア・ウォー!」

 ★ 緑色の小鳥。手元の「色彩事典」によると、この緑はなんと……「Holy Green(聖なるミドリ色)」!

 なんか、神様のイタズラのようにも思える。

……………………………… ……………………………… ………………………………

Screenshot668

Screenshot667

Screenshot666

……………………………… ……………………………… ………………………………

 〔★は大沼〕 ◎ コモンドリームズ This One Bird for Sanders: World Peace, Political Revolution, and the Sparrow(サンダースのために、この小鳥。世界平和、政治革命、そして、この一羽の小鳥)
(ビデオと記事)⇒ http://www.commondreams.org/news/2016/03/25/one-bird-sanders-world-peace-political-revolution-and-sparrow

 

 "I know it doesn't look like it, but that little bird is really a dove asking us for world peace. No more wars!" —#Bernie Sanders, aka #BirdieSanders

Posted by 大沼安史 at 10:12 午後 |