« 〔フクイチ核惨事 6年目の真実〕◇ Newsweek日本版 / 福島原発の「グラウンド・ゼロ」、いまだ見えぬ廃炉への道のり ★ 「日本死ねっ」的苛酷な現実を、NHKなどアベノ御用マスコミに代わって、拡散報道! | トップページ | 〔フクイチ核惨事 6年目入り〕◇ 東電 フクイチの防護服、手袋、木材など燃やす「雑固体廃棄物焼却設備」を18日から本格運用 / 今月上旬まで1か月間、試験焼却で、すでに42トンを処理 / フクイチ構内の伐採木材9万m3 ★ プルトニウムなどに汚染された廃棄物の焼却で、「基準内で安全な」プルームが風下を襲うことになる! ほんとうに安全なのか、第三者機関の検証、立入検査などが必要ではないか? »

2016-03-16

〔フクイチ核惨事 6年目の真実〕◇ AERA / 「子孫のためになることを」独の反原発作家 日本の政策に憤りも 「日本の人はおとなしい。子どもと自分の命を大事にし、そのために闘わなければならない」―― 『みえない雲』作者のグードルン・パウゼヴァングさん(88)が呼びかけ!

Screenshot542

 ◎ アエラ 抜粋記事
  (3月21日号)⇒ 
http://dot.asahi.com/aera/2016031500152.html

 「長い間『原発事故は起こらない』と言われ、私たちはだまされてきた。過酷事故は1万年に一度しか起こらないと言われていたのに、もっと頻繁に起きている。これからも起こるだろう」と警告し、一方で「たとえ事故が起こらなくても、いずれ金や別の要因により原発は廃れる」と予測。

 日本が進める原発再稼働や原発の輸出についても「現状から学び、子孫のためになることをしようと言いたい」と憤りを隠さない。

Posted by 大沼安史 at 04:55 午後 |