« 〔フクイチ核惨事 5周年〕◇ 「フクイチ核事故」は「時代遅れの不効率な原子力規制システムと原子力非常事態に対応する計画の欠如」で悪化した! ―― 斑目春樹・原子力安全員会委員長が退任後の2013年6月、カナダ原子力学会で講演  | トップページ | 〔フクイチ核惨事 5周年〕 ◇  ★ 「石棺化」で爆発の恐れ! »

2016-03-11

〔田中龍作ジャーナル〕◇ 昨夜(10日)、東電本社前は久々に抗議の人々で埋まった。「東電は責任を取れ」「ちゃんと賠償をしろ」・・・巨大なビルに向かって人々は当然の要求を突き付けた。

Screenshot500

 ◇ 大ウソは安倍首相の「アンダーコントロール」へと引き継がれた。

 「女性が輝く」「一億総活躍社会」「介護離職ゼロ」・・・安倍首相はウソを通り越し、国民を苦しめる政策を次々と繰り出す。新聞テレビはそれを批判することもない。

 原発事故から5年が経ちウソが大手を振って歩くようになった。

          *

 ◇  原発事故は当然衝撃的だったが、世の中のウソがばれたことも十分に衝撃的だった。

 正義の味方を気取っていたマスコミは、電力会社の巨額な広告費で餌付けにされ、大事故に結びつくトラブルさえ大きく扱わなかった。安全神話の中心を担っていたのだ。

 放射能が飛び散るように、マスコミの実態は広く社会に知れ渡った。事故発生当時、東電の勝俣恒久会長が記者クラブを引き連れて中国旅行に出かけていたことは、その象徴でもあった。

          *

 ◎ 原発事故から5年 ウソが大手を振って歩くようになった
 (11日付け)⇒ http://tanakaryusaku.jp/2016/03/00013183

Posted by 大沼安史 at 08:09 午前 |