« 〔「権力の監視犬(ウオッチドッグ)」という本来の社会的責務を放棄した日本のメディアの無惨な姿を、英語世界の最権威紙、ガーディアンが国際社会に告知拡散報道〕◆ NHKの国谷キャスターは安保法制にからみ、台本にない追加質問で菅官房長官を苛立たせる「犯罪(“crime”)」を犯した。安倍首相とその仲間がメディア・トップに会食で「不快感(フィーリング)」を表明 風を読んだボスが、彼女をクビに! ★ ああ、なんて陰湿な! | トップページ | 〔フクイチ核惨事 5周年の真実〕◆ 独自の画像解析技術を持つ岩田清(名古屋在住、版画家)が、3号機からMOX燃料棒があふれ出ている姿をとらえた貴重な証拠写真をネットで入手し、拡大してツイッターで公表! 東海アマさんがコメント! »

2016-02-22

〔アベ政治を許さない〕◆ 「戦争のつくりかた」 アニメ

 ◎ ⇒ http://noddin.jp/war/

          *

Screenshot306

Screenshot305

          *

 ◎ 関連 東京新聞 武器輸出にも投融資 国際協力銀、豪潜水艦など検討か
 (22日付け) ⇒ http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201602/CK2016022202000114.html

 ・ 政府系金融機関の「国際協力銀行(JBIC)」による武器輸出への投融資第一号となる可能性が指摘されているのはオーストラリアの潜水艦建造事業。総事業費5百億豪ドル(約4兆円)ともいわれ、日本とドイツ、フランスが受注を争っている。日本は安倍晋三首相が日豪首脳会談などで売り込みを図っているほか、官民合同で現地説明会を何度も開いている。JBICは日本の受注が決まれば、建造のために設立される合弁会社への投融資を検討しているという。

 日米安全保障問題に詳しい前泊博盛・沖縄国際大教授は「武器輸出の金融制度が整えば、日本経済は軍需産業への依存度を高め、経済発展のために武器産業がなくてはならないものになる。平和国家としての地位を築いた日本が、国際社会での信用を失い、結果、日本の安全保障そのものが脅かされかねない」と話す。

Posted by 大沼安史 at 02:31 午後 |