« 〔フクイチ核惨事の真相 田辺文也さんが事故を分析し、東電の重大な操作手順ミス=徴候ベース手順書、およびシビアアクシデント手順書のないがしろを指摘〕◆ 当時、東電本店でサポートにあたった日立GEニュークリア・エナジー幹部技術者も、日本原子力学会セミナーでの「教訓と対策」プレゼンで、≪「水位不明時の対応フローチャート」として徴候ベース手順書からシビアアクシデント手順書への対応フローをスライドで示して」いた! | トップページ | 〔フクイチ核惨事 5周年〕◆ 日本政府、フクイチ沖・約8マイル(13キロ)の海底地下に、放射性廃棄物の最終処分場をつくることを検討 ―― ワシントン・ポストがスクープ報道! ◆ 陸上からトンネルでつなぐ 国際条約で禁じられた海洋投棄にあたらず!  »

2016-02-17

〔電磁波など集団ストーカー被害を受けている山口県周南市の工学者、A先生(元高専教官)に対する薬物すりかえ疑惑〕◆ 癌の進行を抑える「錠剤」が何者かによって、いずれかの段階ですりかえられていた! ★ 毒物混入の恐れも? 証拠品として確保・保全!

806d274515e88c0b2be80b6303d93dcf

          *

 ★ 左が模造錠剤(偽物)。周縁部が研磨されていない粗悪な形状だが、一見して右の正規品と見間違ってしまう!

          *

 ★ 執拗なストーキング行為といい、今回、発覚した薬剤すり替え疑惑といい、

 そこに、

  ① ターゲットが苦しむのを喜ぶ偏執性

  ② ターゲットを追い込むことに喜びを感じる執拗さ

  ③ 組織性・資金力

 ―― といったものを感じる。

          *

 ★ A先生が工学者としての知識を生かし、中性子線専用測定器で中性子線まで検出、画像つきでネットで公表していることに対して、「彼ら」は報復に出ているのかも知れない。

          *

 ★ 老人施設での連続殺人といい、保健とか医薬の世界に邪悪なものが忍び込んでいる。 

 こうした薬物すりかえが病院、老人施設で行われていなければ、ほんとうによいのだが……。

          *

 〔★は大沼〕◎ ⇒ http://blog.goo.ne.jp/green727green/e/9a348b9ae302fab8d66b8f2d79aa8b45

Posted by 大沼安史 at 09:15 午前 4.電磁波被曝問題 |