« 〔フクイチ核惨事 5周年〕◆ 日本政府、フクイチ沖・約8マイル(13キロ)の海底地下に、放射性廃棄物の最終処分場をつくることを検討 ―― ワシントン・ポストがスクープ報道! ◆ 陸上からトンネルでつなぐ 国際条約で禁じられた海洋投棄にあたらず!  | トップページ | 〔アメリカ大統領選〕◆ 予備選第3戦 ネバダ(20日) 事前調査 サンダースさんが猛追 ヒラリーとその差1%(ポイント) / サンダースさん47% : ヒラリーさん48% »

2016-02-18

〔フクイチ核惨事 5周年〕◆ 「アベ政権は被災地のことなどそっちのけで、経済、経済、経済("Economy, economy, economy" )と唱えているだけだ」―― 米政府の国営放送、「VOA(アメリカの声)」が、南相馬の桜井勝延市長の東京・外国特派員協会での発言を引用するなどして、フクイチの現状を「悪化し続けている」と告知報道! / 元米外交官で日本通のケヴィン・メーア氏の、フクイチ汚染水、廃棄物処理問題で「東電には結論を下す能力はない」批判も紹介!

 

Screenshot285

          *          *          *          *

 ★ VOAが、米政府の「アベノ・アンダーコントロール政権」に対する苛立ちを代弁している!

          *

 ★ VOAは米政府の国営放送だから、その報道の背景に、米側がつかんでいるフクイチに関する情報、それによる現状判断があるのは当然のことである。

 そういう立場(役割)にあるVOAが、 「Problems Keep Piling Up in Fukushima (フクシマでは問題が積み上がるばかりだ)」 とのヘッドラインで、フクイチ5周年の現状を報じたことは、注目に値する。

 記事のリード(出だし)はこうだ!

 「日本の原子力問題は悪化し続けている( Japan's nuclear energy problems are worsening)」
 TOKYO— Experts say Japan's nuclear energy problems are worsening, five years after a massive earthquake unleashed a tsunami that melted down the island nation's nuclear reactors.

 これはフクイチの小野明所長が廃炉作業がさも順調に進んでいるかのように「(登山にたとえば)5年で1合目に達した」――の真逆を行くものだ。

 フクイチの小野所長は、他の外国メディアに対して「次に大地震、津波がきても、こんどは準備ができているか大丈夫」と語ったとされているが、VOAは以下のように手厳しく報じている。

 「オノアキラ所長は、次に大地震に直撃され、津波に襲われたら、廃炉作業は大きく後退すると述べた」――と。
 If another major earthquake hits and results in a tsunami, there will be major setbacks, admits the nuclear plant’s manager, Akira Ono.

 この、小野所長のVOAへの明言は重大だ!

 次の大地震・津波で、フクイチ廃炉に向けた準備作業は、元の木阿弥になりかねないことを認めたわけだから。

 VOAが電子版につけた、フクイチ構内での作業風景も(今月10日撮影)、作業員がたった一人でクワをふるっている頼りないものだった。

 まるでまともな「廃炉作業など、実は行われていないですよ」とでも言いたげなVOAのカメラ・アングルではある。

          *

 日本通の元外交官、K・メーア氏(現在はワシントンのコンサルティング会社上級顧問)も、東電を無能呼ばわりする手厳しいものだった。

 それに加えて、桜井・南相馬市長の「経済。経済。経済」ばかりの安倍政権の不真面目さに対する怒りの指摘。

 米政府の安倍政権に対する不信感が増大の一途をたどっていることが、今回のVOA報道で確認されたようだ。

          *

 〔★は大沼〕 ◎ VOA Problems Keep Piling Up in Fukushima (フクシマでは問題が積み上がるばかりだ)
 (17日) ⇒ http://www.voanews.com/content/problems-keep-piling-up-in-fukushima/3194401.html

          *

 ・ Minamisoma Mayor Sakurai, speaking Wednesday in Tokyo at the Foreign Correspondents' Club of Japan, chastised the administration of Prime Minister Shinzo Abe for getting its priorities wrong since the 2011 disaster.

 "Economy, economy, economy," the mayor asserted, is the central government's mantra.

  But for the politicians in the beleaguered Fukushima communities in the midst of an unprecedented nuclear decontamination project and focused on recovery and rebuilding, Sakurai said "we are holding the lives of the citizens in our hands."

          *

 “Unfortunately the cleanup effort continues to suffer from an inability to face the long-term decisions that have to be made in order to develop and implement an efficient plan,” said former U.S. diplomat Kevin Maher, who was running the State Department’s Japan desk when the earthquake struck.

 The cleanup plan, he argues, should be driven by where to ultimately dispose the contaminated debris, fuel and water.

 “Instead, Tokyo Electric Power Company (TEPCO) continues to delay those decision, so we see the continual buildup of more stored water, because TEPCO can't decide what to do with it. An experienced program management company could make those decisions,” said Maher, a senior advisor at NMV Consulting in Washington.

Posted by 大沼安史 at 03:50 午後 |