« 〔フクイチ核惨事 5周年〕◆ 世界の風力発電の発電能力が2015年末に前年比17%増の4億3242万キロワットに達し、初めて原子力の発電能力を上回ったことが、業界団体の「世界風力エネルギー会議」(GWEC、本部ベルギー)などの統計データで判明! | トップページ | 〔アベ政治を許さない〕◆ 「戦争のつくりかた」 アニメ »

2016-02-21

〔「権力の監視犬(ウオッチドッグ)」という本来の社会的責務を放棄した日本のメディアの無惨な姿を、英語世界の最権威紙、ガーディアンが国際社会に告知拡散報道〕◆ NHKの国谷キャスターは安保法制にからみ、台本にない追加質問で菅官房長官を苛立たせる「犯罪(“crime”)」を犯した。安倍首相とその仲間がメディア・トップに会食で「不快感(フィーリング)」を表明 風を読んだボスが、彼女をクビに! ★ ああ、なんて陰湿な!

Screenshot304

 ★ そうして、「アベノペット、ナンバーワン犬」の座を、尻尾フリフリで維持してみせたイヌアッチイケーの御用な幹部犬たち!

           *

 ★ ガーディアン紙は、この安倍政権のやり口と同じことを、BBCの辛口キャスターたちにできたら、英国の政治家の多くも大喜びするだろう――と指摘している。

 もちろん、そんな愚劣で恥ずかしいこと、この英国ではありえない、という前提に立って!

 日本のテレビって、NHKって、恥ずかしいなあ!

          *

 ★ 権力のウオッチドッグではなく、権力のラップ(ひざ上)ドックの日本のTVメディア。

          *

 ★ それにしても、ジャーナリストが権力を追及して、ポストを追われる、この「美しい国」って何なんだ!

          *

 〔★は大沼〕 ◎ Japanese TV anchors lose their jobs amid claims of political pressure
 (17日付け) ⇒ http://www.theguardian.com/world/2016/feb/17/japanese-tv-anchors-lose-their-jobs-amid-claims-of-political-pressure?CMP=share_btn_tw

          *
 

 ・ Perhaps most striking of all is the departure of Kuniya, the veteran presenter of Close-up Gendai, a current affairs programme on public broadcaster NHK.

Her “crime” had been to irritate Yoshihide Suga, the chief cabinet secretary and a close Abe ally, with an unscripted follow-up question during a discussion about the security legislation.

While the anchors themselves have refused to comment, experts say Abe and his allies had made their feelings known about the broadcasters during secretive dinners with top media executives.

“It was not their decision to leave,” said Sanae Fujita of the Human Rights Centre at Essex University. “But their bosses gave in to pressure from their senior colleagues, who are ‘friends’ with Abe.
 

Posted by 大沼安史 at 05:58 午後 |