« 〔ニューヨークの北30マイル(48キロ)のインディアン・ポイント原発で「地下水トリチウム汚染」〕◆ 3本の観測井で最大650倍の高濃度 クオモ・ニューヨーク州知事が環境当局に「全面調査」を命じる! | トップページ | 〔元読売新聞社会部サツ回り記者のジェイク・アデルスタインさんが、デイリー・ビースト誌で「日本のハリウッドはヤクザが仕切っている」と国際社会に告知報道!〕 ◆ 二代目松浦組組長 笠岡和雄氏が、ミス・インタ-ナショナルの吉松育美さんの擁護に回って、芸能プロ界の「ドン」と、その手下、「威をかりる狐」を裁判所への陳述書で告発証言 「ドラッグSEX」/「女優のMを芸能界から抹殺せよ、と依頼された」 »

2016-02-08

〔フクイチ核惨事の真相 米NRC(原子力規制委)情報公開文書で判明〕◆ 飯舘村の水道の高濃度・放射性ヨウ素汚染の実態が明るみに ◆ 2011年3月20日午後0時30分採水の水道水から、965ベクレル/キログラムの放射性ヨウ素を検出! 翌21日午前8時30分採取では492Bq/kg

Screenshot247_2

          *

 ★ 日本の厚労省資料で明るみに! 

 これは、甲状腺被曝・癌発症の因果関係を裏付けるものではないか!

 それどころか、「これ(この発表)は、他の飲料水にアクセスできない人の飲用を制限することを意図したものではない」と書かれてある。

 It is not intended to ristrict drinking water in case you have no access to alternative drinnking water.

これは飲み水がなかったら、汚染水道水を飲め、と言っているようなものだ。

 安定ヨウ素剤も配らないで、汚染水道水を飲んでも構わないとは、良く言ったものだ!

          *

 ★ 飯館村の村民に対して、水道水を飲んでも構わないというこのお達しは、どう伝わったのだろう。

 検証が必要だ!

 放射性ヨウ素汚染水道水を飲んでいた村民――とくにこどもたちに甲状腺異常(あるいは癌)は出ていないのだろうか?

 出ていたら、この厚労省プレスリリースを証拠に、国賠訴訟を提起できるような気がするが……。

          *

 ★ ヨウ素131水道水に関する警告は、フクイチ風下被曝地の人びとに、果たして伝えられたのだろうか?

 NHKは公共放送の務めを果たし、警告報道を行なっただろうか?

 検証が必要だ!

          *

 ★ 米国の市民団体「エンフォーマブル」が整理・分析したNRCフクシマ情報開示文書の中に、日本の厚労省のプレス・リリースが含まれていた。( ⇒ こちら
 ⇒ http://ja.scribd.com/doc/86016544/Information-on-radioactive-materials-detected-in-tap-water-in-Fukushima-prefecture-including-Jitate-mura-village-Pages-From-ML11203A034-FOIA-PA

          *

 ★ 「暫定英訳」と書かれているので、厚労省の記者クラブで発表されたものの英訳版だろう!

 3月30日正午過ぎで、ヨウ素131が965ベクレル/キログラム!

 それ以前の計測値は書かれていないので不明だが、もっと(もっと)高い計測値だったはずだ!

          *

Screenshot246

Screenshot245_2

Posted by 大沼安史 at 06:14 午後 |