« 〔サウジがシーア派宗教指導者、ニムル師ら47人を大量斬首刑〕◆ サウジがイランと断行 駐サウジのイラン外交官に48時間以内の出国を命令! | トップページ | 〔フクイチ核惨事 アウト・オブ・コントロール〕★ 「凍土壁」 3月にも完成するというのに、原子力規制委員会がいまごろ、≪「安心できる判断ができなければ受け入れられない」(田中俊一委員長)として、漏洩を防ぐ明確な説明を東電に求めている≫――そうだ! 日経新聞が新春スクープ報道! »

2016-01-04

〔電磁波を使った脳内音声注入ハラスメント(auditory harassment)を許さない〕◎ 朗報! ◇ 米国の医師、ジョン・ホールさんが、「逆方向送信(reverse direction of transmission)」で、攻撃者(アタッカー)を逆襲するテクニックを編み出し、推奨! ★ 「倍返し」の技として、使えるかも知れない???

 〔★は大沼〕

 ★ ジョン・ホールさんも「聴覚ハラスメント」の被害者の一人だ。

 (ジョン・ホールさんは、有名女優そっくりさんのガールフレンドが薬物ギャングレイプ〔ビデオ撮影〕被害に遭い、その彼女を守ろうとして闘っているうちに、脳内音声注入などマインド・コントロール攻撃を受けるようになった!)

 そのジョン・ホールさんが被害体験記  ( A New Breed)の終わりの方(120ページ)で、こう、書いている。

          *

 もし攻撃者の「声」が聴こえるのであれば、その「声」が何を言っているかを確認し、それを自分の心のなかで(口に出さず〔not aloud〕……★ これはたぶん、発話する前に「先手を打って」ということではないか、と思う。ジョン・ホールさんはなぜ、「口に出さずになのか」書いていないので、理由はわからないが、とにかく「心のなかで」!)言えるようにする。

 そうしているうちに、攻撃者の「声」(言葉)を自分の心のなかで自由に使えるようになる。

 そうなったら、こっちのもの。

 こんどはその「声」(言葉)を、攻撃者に対して「お返し」する。

 つまり、「彼ら」の「言葉」でもって逆襲するわけだ。

 これを繰り返しているうち、こんどはこちらから返って行く「言葉」で「彼ら」が苦しむようになり(★ ジョン・ホールさんは同じ苦痛〔the same pain〕を与えることができる、と書いている)、こちらの意志で、相手を圧倒できるようになる!――というのである。

          *

 わたしはこの部分を実は半信半疑で読んだのだが、最近、これはどうやら有効な対処法ではないか、と思うようになった。

 たとえば、「彼ら」は――「でんごん(伝言)」「伝言」「伝言」……と繰り返したあと、「ごうりき(合力?)」「合力」「合力」「せいじょうは(清浄波)」「清浄波」「清浄波」などとリピート攻撃に移り、「自殺しろ」「自殺しろ」「自殺しろ」「地獄におちろ」「地獄におちろ」「地獄におちろ」と畳み込んで来る。
 
 このとき、逆に「伝言」「伝言」「伝言」と、攻撃してくる「彼ら」に対して通告し、心のなかで「合力」「合力」「合力」「清浄波」「清浄波」「清浄波」「自殺しろ」「自殺しろ」「自殺しろ」「地獄におちろ」「地獄におちろ」「地獄におちろ」と(声に出さずに)念じて、彼らの「意識」(?)に対して、逆送信する。

 送信を続ける!

 逆襲する!

          *

 わたしは、このジョン・ホール医師のこの対処法について――攻撃してくる「彼ら」の、パルス波をつかった「脳内音声攻撃」が、レーダーと同じで、「反射」「双方向性」を持っていることによるものではないか、と想像(妄想)している。

 だから、「返す」ことができる?!

 「彼が」が発射したものが、そのまま返ってゆく。

 しかし、それを、こちらが(新たに)「念じて」返すと、彼らの発射したものに加算されて――つまり倍の威力で返って行くのでは……などと想像(妄想)してもいる。

 そう! 半沢直樹さんの、あの「やられたらやりかえす、倍返しだ!」である。(笑い)

Img_1249877_62082461_01          *

 どうも、わたしという男は(ご承知?のように)、お調子者なので、(ついつい調子に乗って)、なんと――「彼ら」の「黒幕」を「想定」し、その黒幕に向かって、逆襲しようじゃないか、と考えたりもしている。

 黒幕の手先は――実行部隊は組織の命令で動いている人たち(知恵おくれの若者たちも含まれているらしい)だ!

 彼らを責めるより、「黒幕」に焦点を合わせて念じるのが、より効果的ではないか――と。

          *

 日本の「聴覚ハラスメント」攻撃被害者は少なくとも、数千人のオーダーに達しているはず!

 それら被害者が一斉に、ジョン・ホールさん流のこの倍返し逆襲念法をもってすれば、太陽光をレンズで1点に集中させたときのように、そのエネルギーはものすごいものになるだろう!

          *

 しかし、この「倍返しの術」はあくまで自衛の対処法であって、自衛の範囲にとどめなければならない。

 敵を赦し、愛することも必要だ。

          *

 いかついテキサスの麻酔医、ジョン・ホールさんの対処法が正しければ、日本の実行犯らはもちろん、日本の「黒幕」もまた、間もなく一掃されるはずである。

 だからわたしは、実行犯に対する「倍返し」の最後に、「こんなことをしていたら、君たちのためにならない。内部告発して、足を洗いなさい」と付け加え、セッションを終えるのがよいのではないか、と思っている。

Posted by 大沼安史 at 06:39 午後 4.電磁波被曝問題 |