« 〔フランシス法王がパリCOP21を前にナイロビで警告〕◆ 「現実問題として、自然を防護することと、公正で公正な社会秩序の建設の間には明確な連関がある。人類そのものが自分を刷新(リニューアル)することなく、自然との関係を刷新することはあり得ない」 ―― アフリカ歴訪の最初の訪問国、ケニアの首都での発言(11月25日)。★ 東アフリカはわたしたち人類(ホモサピエンス)の原郷である。人類史10万年のすべてがいま、パリで問われている。 | トップページ | 〔田中龍作ジャーナル〕◆〔ベイルート発〕  「ISは貧乏人を殺してどうするんだ。アメリカは『テロとの戦争』などと偽りながらISをサポートしている。日本はなぜアメリカとフレンドなのか?」/ パン屋経営者のフセイン・ショコルさん(40代)は、近くの商店に出かけていたため難を逃れた。大きな爆発音を聞き、すぐに自分の店に戻ってきた。店は粉々に壊れ、自爆テロ実行者の上半身だけが店内に飛び込んでいた。 »

2015-12-01

〔リオ五輪のブラジルで鉱山ダムが決壊〕◆ ブラジル史上最悪の環境惨事に! ―― 現地の科学者たちは「ブラジルのフクシマ」と呼んでいる! 鉱毒が「母なる川」を死の川に! ★ フクイチ放射能もまた、鉱毒の一種である!

476031bfab52703157cd1f983823d067

 ★ ブラジルでも、フクイチが放射性物質で河川・海洋を汚染しているとの認識が広がっているようだ。

 「リオ・ドーチェ」とともに生きてきた先住民、クレナクの人びとは、鉱山鉄道の鉄鉱石搬出(中国向け)を阻止しているという。

 クレナウの女性指導者(36歳)は、泥の河に浮かんだ死んだ魚、エビを指さし、「わたしたちはこの川で魚をとり、この川で泳ぎ、この川で祈っている。この川はわたちたしのいのちだ」と言ったそうだ。

 同じことはフクイチ被曝地全域でも言えることだ。

 日本政府よ、東電よ、川を返せ、ふるさとを返せ!

          *
 

 〔★は大沼〕 ◎ SCMP (サムネイル写真も) : Rio Dolce disaster: Anger turns to rage over 'Brazilian Fukushima'
 (11月29日付け)⇒ http://www.scmp.com/news/world/article/1884791/rio-dolce-disaster-anger-turns-rage-over-brazilian-fukushima

 ・ Authorities have described the toxic mudslide as "the worst environmental disaster in Brazil's history", and some local biologists have labelled it a "Brazilian Fukushima".

 ◎ 参考 AFP(日本語)/ ブラジル鉱山ダム決壊事故
    ⇒ http://www.afpbb.com/articles/-/3065847
 
  ・ 【11月8日 AFP】ブラジル南東部ミナスジェライス(Minas Gerais)州で起きた鉄鉱石鉱山ダムの決壊事故で、発生から3日目となる7日も行方不明者の捜索が行われた。事故では少なくとも2人が死亡し、28人が行方不明となっている。

 事故は、豪州系企業などが出資している、サマルコ(Samarco)が運営する鉱山で5日に発生。有毒物質を含む採鉱廃棄物をためていたダムが決壊し、泥流でベント・ロドリゲス(Bento Rodrigues)村の大半が泥に埋まった。……

Posted by 大沼安史 at 06:04 午後 |