« 〔アベノTPPは地球温暖化の脅威〕◆ 「TPPは汚染者フレンドリー。そこに、気候や環境に対する脅威が勢ぞろいしている」――国際的な環境保護団体「シエラ・クラブ」が「パリ・COP21」にあわせ発表した、報告書『汚い合意( A Dirty Deal):TPPはいかにわれわれの気候の脅威となっているか』で批判! ★ TPPを公約破棄合意しておいて、何が「美しい星」、何が「クール・アース」だ! | トップページ | 〔COP21 目指すべきは、新ターゲット = 《1.5度C》以下! ナオミ・クラインさんが「デモクラシーNOW」パリ・インタビューで指摘〕◆ コペンハーゲンCOPでアフリカ各国代表は、地球気温の上昇を「2度」以下に抑える「2度ターゲット(the two degree target)」に反発、「死の宣告」だとして中途退場した! 太平洋の島国も「1.5度」以下を訴えた! そして今回、パリ演説でフランスの大統領と国連事務総長が「1・5度」に抑えるべきだと演説!…… »

2015-12-04

〔パリCOP21 (地球を汚す温暖化企業への投資を撤収する)《ダイヴェスト運動》、国際社会に拡大!〕◆ 世界500以上の自治体・組織・団体が総額3・4兆ドルもの投資を回収! フランスではパリ、ボルドー、リヨンなどで決議を採択 ドイツの保険大手「アリアンツ」も石炭投資を中止 オスロ、ミュンスター(ドイツ)、メルボルンも! ◎ 温暖化阻止キャンペーンを続ける国際組織「350(ppm)オルグ」がパリで記者会見し、発表!

350tocicongovt300x300

350tociconneweconomy300x300

20151130185259poopo

 ★ パリで会見した「350オルグ」の代表、メイ・ベーブさんは「ダイヴェスト運動(the divestment movement )のロジックは実にカンタンだ。

 「気候変動を起こすことは悪いことだ。気候変動への投資でもうけることも悪いことだ」

 The logic of the divestment movement is quite simple: if it’s wrong to cause climate change, it’s wrong to profit from climate change.

  ★ 東電など原発会社も、温排水などで地球温暖化に寄与、気候変動を引き起こす一因をつくっているのだから、当然、「ダイヴェスト運動」の対照になるだろう。

 ★ わたしが心配するのは、安倍政権が「美しい星」とか抜かして自然エネルギーへの転換を先送りし続け、「化石賞」をもらい続けるようなことになると、日本株全体が、あるいは日本国債が、ダイヴェストされてしまうのではないか、ということである。

 世界はそれほど、温暖化に危機意識を募らせている。

 ★ 「350オルグ」の「350」とはCO2の濃度のことで、ここまでppmを戻さないと、地球は暑熱化に向かって暴走状態に入り、あともどりが効かなくなる。現在、すでに400ppmを突破している!

          *

 〔★は大沼〕  ◎ 350オルグ Momentum: Campaigners Announce at Paris Climate Summit that Divestment Commitments Have Passed 500+ Institutions Representing $3.4 trillion in Assets
  (2日付け)⇒ http://350.org/about/media/

Posted by 大沼安史 at 04:14 午後 |