« 〔アベノ的外れ外交の記録 NHKがまたも国策?ヨイショ報道!〕◆ 地球環境を守る国連「COP21」出席でフランスに出かけたはずの安倍首相が、イスラエルのネタニヤフ首相とパリ会談 ―― 「IS(イスラム国)との対応」で緊密な協力を確認 ★ NHK報道ではネタニヤフ首相が、アベノ安保「法律の成立は歴史的な快挙だ」と祝意を表したことになっているが、イスラエル首相府発表の会談記録には、そんなこと、ひと言も出ていない。 | トップページ | 〔空から歌が聴こえる〕♪ Castle in Wales »

2015-12-05

〔パリCOP21 地球暑熱化の脅威〕◆ 元・米NASA・ゴダード宇宙センター所長のジェームズ・ハンセン博士が警告! 《 2℃ の上昇で抑え込めば大丈夫……いうのは、まったく危険なことだ。(そんな話が出てから)もう1℃、気温は上がっている。あと1℃――その範囲にとどめるには、地球全体の温暖化ガス放出を年6%ずつ削減していかねばならない! 》

Photo

 ★ ということは、もはや1℃の気温上昇も許されないないということだ。

 どうしても1℃上昇を容認するなら、年6%削減で合意しなければならない!

          *

 ★ ハンセン博士は二酸化炭素放出に炭素税をかければいい。かんたんなことだと、国際社会に決断を迫っている!

 (たとえば、トンあたり10ドル課税すれば、10年で20%放出を削減するとの研究があると言及)

 ★ ハンセン博士は以前、化石燃料から原子力(原発)への切り替えを重視し、語っていたが、このインタビュー記事では一言も言及していない。

 代わりに、炭素税(料金)をどんどん上げて行けばいい、と提唱している。

 〔★は大沼〕 ◎ 英紙ガーディアン UN on wrong track with plans to limit global warming to 2C, says top scientist
  (3日付)⇒ http://www.theguardian.com/environment/2015/dec/03/un-wrong-track-plans-limit-global-warming-2c-top-scientist-climate-change

 ・ “[A rise of ] 2C is definitely dangerous. We are at the point now where temperatures are hitting the 1C mark and are are on a path above 1C. Even if we reduce emissions 6% a year we will still get 1C.

 ・ “Studies show that if you added $10 a tonne to the price you would reduce [fossil fuel] energy use by 20% in 10 years, and 50% in 20 years. This is the only viable international approach. You cannot ask 190 countries to individually limit their emissions. The price of fossil fuels must be honest. That just needs a few of the major players. It would rapidly move us off fossil fuels.

 “It’s not too complicated. It’s not that the problem cannot be solved but that it is not being solved. We need an honest, simple rising carbon fee.”

Posted by 大沼安史 at 09:06 午後 |