« 〔シリア入りしたジャーナリスト、安田純平さんがアルカイダ系武装組織「ヌスラ戦線」に拘束 身代金を要求 「国境なき記者団(RSF)」が22日に声明を発表 日本政府に「すぐに動いて(act quickly)」救出するよう要求〕◆ 「ヌスラ戦線」、期限を切って「カウントダウン」を開始! 安倍政権が身代金を支払わなければ処刑、もしくは「他のテロ組織」へ身柄売り渡し――と脅迫 | トップページ | 〔地球温暖(暑熱)化で臨海原発が危ない〕◆ 米国の海岸線に立地する、すくなくとも4ヵ所の原発、2050年までに高潮の激化で危機に陥る恐れ! ほかの9ヵ所(軽13ヵ所)の原発も、海面上昇で(稼働終了後)、水没の可能性 ◇ すでに2012年時点で、海温上昇で取水できず、運転停止に追い込まれる「現実的な危機」も発生! ★ 臨海原発だらけの日本も、廃炉後を見通すなど長期的な視野で対策を採るべきだ! 先送りは(ここでも)許されない!  »

2015-12-24

〔福島県でカラスが大量死  続報〕◆ @東京西部発・ツイッター情報 「最近また鳥を見かけないんですよ。カラスもいない」「夏ごろから消えました」 ◇ 1年前には埼玉県内4ヵ所で、111羽の死骸を確認 外傷なし・鳥インフルでもなし ―― 入間・狭山・所沢の3市にまたがる半径3キロ半内と、北に40キロ離れた砂利採取場で ★ 福島では、「80羽」に拡大!

 ◎ 朝日新聞 カラス111羽の死骸見つかる 埼玉、餓死の可能性も
  (ことし1月7日付け)⇒ http://www.asahi.com/articles/ASH175J03H17UTNB00N.html

          *

 # 被曝猫 ‏@EUCALYPTUS_70ml  · 10時間10時間前 

 被曝猫さんが大河悠樹をリツイートしました
はい。
2011年の原発事故発生後に鳥がいっせいに消えましたよね・・・
(消えたのは鳥だけじゃないけど)

 で、最近また鳥を見かけないんですよ。カラスもいない。
東京の空気が酷くなった夏頃から消えましたね。@東京西部

          *

 ◎ ヨミウリオンライン カラス80羽死ぬ、目立った外傷なし…福島
 ⇒ http://www.yomiuri.co.jp/national/20151224-OYT1T50022.html

          *

 ◎ 本ブログ既報 〔フクイチ核惨事 被曝地で異変〕◆ 福島県の須賀川市と鏡石町にまたがる半径200メートル圏で、カラス75羽が集団変死! 鳥インフルエンザ、簡易検査は「陰性」 外見、目立った「特徴」なし! ★ フクイチ・トリチウム水蒸気(あるいはヨウ素131)・プルームを疑うべきかも?!
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2015/12/post-4b06.html

Posted by 大沼安史 at 09:49 午前 |