« 〔フクイチ核惨事〕◆ 「子どもたちの命や苦痛を電力会社の利益に換算する係数を私は知らない」―― 自ら癌と闘いながら、フクイチ放射能被曝問題と全身全霊を挙げて取り組み、『見捨てられた初期被曝』(岩波書店)という啓蒙と警告の書を遺した、ツイッターアカウント名「study2007」さん(原子核物理の研究者、Ph.D)が死去! | トップページ | 〔ウクライナ原発クライシス 第2、第3のチェルノブイリの危機、内戦継続で現実のものに〕◆ 内戦で送電線(塔)爆破さる! ザポロフスカヤ原発(Zaporozhskaya NPP)と 南ウクライナ原発(the South Ukrainian)が外部電源喪失で、原子炉緊急停止( emergency unloading )! 「非常に危険な状況」(ウクライナ電力会社) ★ 非常電源で対応しているのだろうが、いつまで持つのか? 要警戒だ! »

2015-11-25

〔フクイチ核惨事 被曝地で苦しむ人びと〕★ 大人の甲状腺も、やられた! ◆ 福島県・浜通り 大人 甲状腺B判定(7人)、A2判定(5人)〔ほかにハシモト病が2人〕/ 同・中通り 大人 甲状腺A2判定(1人)〔ほかに甲状腺低下症1人)〕 / 関東・宮城県(で3・11に遭遇) 大人 甲状腺B判定(2人)、A2判定(1人)〔これ以外にがんが2人 ハシモト病1人)―― 仙台の被曝者支援NPO「東北ヘルプ}の継続面談調査で、大人にも甲状腺異状が出ていることが確認された!

 ★ とくに浜通りでは、面談した146人の大人のうち7人(5%)がB判定。

 A2判定を加えれば、8%の人が甲状腺に異常をきたしている。

 浜通りのこどもたちでは、面談した150人のうち、甲状腺B2判定が5人、A2判定が34人。
 計39人(26%)が甲状腺に異常をきたしている。

          *

 ★ 歯茎からの出血、鼻血、流産、大量の抜け毛、病的な疲れ……被曝症状のオンパレードではないか!

          *

 ★ 厚生労働大臣に聞く。

 君はこういう状況を、どうするつもりなのか?

 君の職務は、この人たちが収めている税金でもまかなわれていることを忘れたか?

          *

 〔★は大沼〕 ◎ 「東北ヘルプ」 「短期保養支援」面談結果
    ⇒ http://firestorage.jp/download/5c3426222e5b893cda42eeb1072d9adca44421df
 
          *

 ◎ 関連 本ブログ既報 〔フクイチ核惨事 「原子力災害の第2段階」を前にして〕  「2016年中には、内外の惨状がある種の「閾値」に達し、原発事故直後に起こったと同様 の社会的変動が起こると見通せる」 ◆ 「具体的には、数千万人の規模での人々の移動が起こるだろう」………… 川上直哉・牧師(仙台キリスト教連合被災支援ネットワーク ・NPO法人「東北ヘルプ事務局長、神学博士)が、フクイチ核惨事が5回目の冬に向かう現状を――「今、起りつつある」状況を、「原子力災害の第二段階」と定義し、こんごを見通す文書をまとめる。
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2015/11/post-0a7d.html

Posted by 大沼安史 at 04:32 午後 |