« 〔シェルブール=シドニー・仏豪・プルトニウム・コネクション / プルトニウム?運搬船「BBCシャンハイ号」(アンティグア・バーブーダ船籍)の謎〕◆ 積載核廃棄物 Vice誌が(25トンではなく)「28トン」と報道! ◎ インドネシア当局は「125トン」と見ているが、「ヴァイス」誌は、3トン多い、28トン! でも、この差は何なのだ! プルトニウムなら3トンは核兵器375発分! そういえば日本はフランスに16.3トンの分離済みプルトニウムを保管してもらっている…………!! だから、何?……! | トップページ | 〔シェルブール=シドニー・仏豪・プルトニウム・コネクション / プルトニウム?運搬船「BBCシャンハイ号」(アンティグア・バーブーダ船籍)の謎〕◆ 背景に、日本の「MOX核武装」を阻止しようとする、ワシントンでの動き? ―― ◎ もうひとつの「ナイ・レポート」ともいうべきオバマ政権あての公開書簡で、ジョセフ・ナイ・ハーバード大学教授らが、米国が率先してMOX(ウラン・プルトニウム混合燃料)計画を破棄し、日本をはじめとするプルトニウム核兵器製造の動きを未然防止するよう訴え! »

2015-11-15

〔電磁波などを使ったハイテク犯罪、許すまじ!〕◆ 《STOP エレクトロニック・ハラスメント》サイトがネット上で活動を開始! 「エレクトロニック・ハラスメント廃絶の法制化を求める」 

Images4

Photo

4

★ 写真はいずれも、カナダの被害者団体のもの。 イラストは、米国人ブロッガー、クリストファー・バーゲスさんのブログ記事( ⇒ こちら)より。

 ★ このサイトは、被害者でもある「シルバーバレット」さんらが中心になって開設したもののようだ。

 わたしは電磁波照射被害に遭うなか、「シルバーバレット」さんから、ロンドン在住の米国人女性ジャーナリストのリン・マックタガードさんの本を紹介され、静岡への避難時代、苦しみのさなか、なんとか彼女の本を3冊、読んで、視野を広げることができた。

 彼女の本は「エレクトロニック・ハラスメント」とは無関係だが、人間の意識というものの強さを教えられ、これは大丈夫、負けないで済むかもしれないと思うことができた。

 その「シルバーバレット」さんらによる、このサイトは、とても冷静で、ためになる。
  
 被害に遭われている方、諜報機関?、宗教団体?による照射被害に遭っている(かも知れない)方は、ぜひ、アクセスを。

 〔★は大沼〕 ◎ ⇒ http://stopeh.org/wordpress/?page_id=64

Posted by 大沼安史 at 05:21 午後 4.電磁波被曝問題 |