« 〔「イスラム国」の脅威 侮るべからず〕◆ 「ISI(イスイ)ちゃん」―― 日本のクリエーターたちの「2ちゃん」呼びかけで生まれた、「イスラム国」と非暴力で闘う「萌えキャラ」が、ネットを通じ、国際社会に拡散! ◎ 権威ある米国の国際問題専門誌「フォリン・ポリシー」も紹介 ★ 「表現の自制」呼びかけにもかかわらず、性的な挑発を含むビデオも登場し、ユーチューブに  | トップページ | 〔サンダース新大統領 誕生へ〕◆ 「パリ同時多発テロ」のあと、「それでも地球温暖化が、われわれの最大の脅威か?」と問われた、バーニー・サンダース上院議員は―――― こう答えた! 「 まったく、その通り("Absolutely.") 」と。 »

2015-11-18

〔英国の核施設で働いていた作業員の遺体から、ひそかに臓器を摘出し、検査に回していたことが発覚!〕◆ 1960~1991年まで、セラフィールドなど原子力施設で働いていた76人 遺族の同意なく ◆ 1957年 世界初の原子炉重大事故が起きたセラフィールド(ウィンズケール)の主任医師が、病院・検視官らのネットワークを通じて収集 ◎ 英紙テレグラフが、衝撃のレポートを報道! 

Svc3  ★ 写真(セラフィールド原子力施設)は、ウィキより。

 ★ 原子力(原発)と医学に間に広がる「被曝の闇」が、またひとつ明るみに出た!

 フクイチ核惨事でも、あるいは日本国内のほかの原発での被曝労働でも、同じような被曝病理データの不法取得が行なわれているのではないか?

 人間を人間とも思わない医学者・科学者の傲慢!

          * 

 ★ セラフィールドは以前、ウィンズケールと呼ばれたところで、「ウィキペディア」によると

  《1957年10月10日、ウィンズケール火災事故が起きる。この事故は世界初の原子炉重大事故となった。英国北西部の軍事用プルトニウムを生産するウィンズケール原子力工場(現セラフィールド核燃料再処理工場)の原子炉2基の炉心で黒鉛(炭素製)減速材の過熱により火災が発生、16時間燃え続け、多量の放射性物質を外部に放出した……》

 テレグラフ紙によると、作業員の遺体からの違法な臓器摘出が開始されたのは、3年後の1960年からのこと。

 ということは、明らかに、作業員たちの内部被曝状況をチェックしていたことになる!

 フクイチ事故から4年8か月……。

 まさかとは思うが……???

          *

 ★ テレグラフ紙が、がんばっている。

  80年代によく出入りしていた、東京新聞の取材前線基地、東京中日会館のテレグラフ紙の東京支局に、こんな張り紙がしてあったのを思い出した。

 たしか「イッツ ノー モンキー・ビジネス」!

 そう、東京新聞はたしかに、「マスゴミ・モンキー・ビジネス」をしていない!

 
 〔★は大沼〕 ◎ 英紙テレグラフ : Organs of nuclear workers secretly harvested for 40 years, report finds
 (16日付け)⇒ http://www.telegraph.co.uk/news/uknews/8138367/Organs-of-nuclear-workers-secretly-harvested-for-40-years-report-finds.html

 ・ Between 1960 and 1991 organs were taken from 76 people who had worked at nuclear sites around Britain.

 Of these, 42 had been employed at Sellafield, the remainder at Springfields in Lancashire, Capenhurst in Cheshire, Dounreay in Scotland, and Aldermaston in Berkshire.

 ・ In particular he condemned the behaviour of Dr Geoffrey Schofield, the former chief medical officer at Sellafield, Cumbria, and the network of coroners and pathologists with whom he worked.

 Dr Schofield, who worked at the plant between 1958 and 1985, used “informal arrangements” involving a network of coroners and pathologists to make it easier for him to obtain organs.

 ・ Mr Redfern said families had been particularly let down by the pathologists who performed post mortems on their relatives. The majority of these were based at the West Cumberland Hospital.

 “Ignorant of the law, they removed organs for analysis without satisfying themselves that the relatives’ consent had been obtained.”

Posted by 大沼安史 at 07:15 午後 |