« 〔ウクライナ原発クライシス〕◆ 送電線爆破で外部電源喪失が喪失と報じられたザポロフスカヤ原発(Zaporozhskaya NPP)と南ウクライナ原発(the South Ukrainian) なおも続報、なし ―― ◎ ウクライナ・エネルギー相、「爆破された送電線の復旧、再び妨害される」と議会で報告! / フィナンシャル・タイムズが27日に報道 ★ 両原発の非常電源はいつまで維持されるのか? やはり、まだ警戒が必要だ! / 新ロシア派、キエフ(ウクライナ首都)への石炭供給を停止 緊張、エスカレート! | トップページ | 〔フクイチ核惨事 いのちの被曝〕◆ フクイチの北西50キロ圏の野鳥 全57種の90%が正常繁殖に悪影響を与えかねない経年被曝の恐れ / 累積0.55グレイ被曝で、調査区域の全鳥類個体数、2011~14年間に半減 ―― フランスの研究チームが確認し、ネイチャー・サイエンティフィク・レポート誌に発表  »

2015-11-29

〔シェルブール=シドニー・仏豪・プルトニウム・コネクション プルトニウム?運搬船 「BBCシャンハイ号」&「MV トレーダー号」の謎!〕◆ 「BBCシャンハイ号」、「11日。喜望峰沖」を最後に、18日間も、消息不明 ◆ インドネシア海軍がマカッラ海峡通航阻止態勢を敷く「MVトレーダー号」も、現在地不明 

 ★ インドネシア海軍は、「BBCシャンハイ」号を阻止すると表明したあと、「MVトレーダー号」も、フランス発豪州行きの核廃棄物を積んでいるとして、マラッカ海峡通航を阻止すると表明した。

 その後、両船とも、音沙汰なし。

 わたしはインドネシア海軍には、フランス・シェルブール港を出た両船が、どんな核廃棄物を、どれほど積んでいるか、どこに(ほんとうは)向かおうとているか、情報を収集するだけの能力はないのでは、と見ている。

 それでは、そうした情報収集能力があり、インドネシア政府<情報部、軍部)と近いのはどこか、となると、それは米国(CIA)である。

 米CIAはインドネシア政府に情報を流し、両船(現段階では「MV トレーダー」号)のマラッカ海峡経由、東アジア海域入りを阻止しようとしているのではないか?

 かりに(あくまでの仮定の話だが)、日本政府が極秘裏にプルトニウムを同船で、日本へ運ばせていたとすると、モミケシ料は相当高くつく!

 すでに、何事もなかったことにするから(プルトニウムはフランスに引き取ってもらうから)、迷惑料を支払えと、米国側から脅しを受けている……なんて、そんなこと、ないよねぇ~!

 あのキアッソ(イタリア)での、M資金、スイス移送・隠匿失敗事件のように、もしかしたら、日本は米国にはめられたのかもしれない。

 ◎ キアッソ事件については、以下の本ブログ既報を参照 : 〔BOO仙人の連坊語録〕 若い記者諸君よ、立て・歩け・迫れ! 「キアッソ・ゲート」事件を暴くのじゃ~
  ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2009/08/post-8a6b.html

          *
 
 〔★は大沼〕◎ BBCシャンハイ号 最終公表公開位置 ⇒ https://www.vesselfinder.com/?imo=9224623
 
 ◎ グーグル検索結果 ⇒ https://www.google.co.jp/?gws_rd=ssl#q=bbc+shanghai+nuclear+australia+11+mv+trader

Posted by 大沼安史 at 08:43 午後 |