« 〔フクイチ核惨事 〕 ◆ 「海側遮水壁」が「完成」して1ヵ月 …… 《外洋に出て行く港湾口の一年間のデータを追ってみても、海にすむ魚に影響を与える可能性がある1リットル当たり1ベクレル前後が続いている》 ―― ◎ 東京新聞が検証  現状では、福島第一から外洋への影響は、壁ができる前と後ではあまり変わらない」 ★ つまりは「効果なし」ということだ!  | トップページ | 〔シェルブール=シドニー・仏豪・プルトニウム・コネクション / 第2のプルトニウム?運搬船 「MV トレーダー号」が急浮上! 謎深まる!〕◆ インドネシアの名門英字紙、ジャカルタ・ポストが、「インドネシア海軍が領海内航行を阻止」と報じた「MV Trader」号の足取り、なお不明! ◎ すでに東アジアへ向けて、シンガポール沖を通過の可能性も! »

2015-11-24

〔フクイチ核惨事〕(参考情報)◆ ジャパン・タイムズで「3・11」の7年前、「日本で原発災害が起きるのは、いまや時間の問題」と予言していた米国の地球科学者のローレン・モレット(Leuren Moret)氏が、公式ホームページで、「3・11」は「新・グローバル大量破壊兵器(the new global Weapon of Mass Destruction)」である「HAARP」が引き起こした、と明言!

Leurenportrait1img_0385_med_hr_2

450pxhaarp20l

 ★ HAARP(ウィキ解説は ⇒ こちら 写真もウィキより)とは、アラスカにある、High Frequency Active Auroral Research Program の略称である。

 このHAARPが、人工地震を引き起こすもの、との指摘は、「3・11」前から国際社会で、さんざん言われて来たことで、わたし自身も、2009年の時点で、仙台のラジオ局に出演し、ラフ・スケッチを語ったことがある。

 ◎ ユーチューブ ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=8AMlqRsHUXI
 ◎ その文字起こし ⇒ http://anond.hatelabo.jp/20110502224905

           *

 ★ そして、あの「3・11」。

 HAARPの関与を指摘する「陰謀論」が一気に噴き出したのは、すでにご存知のことと思うが、2004年時点で「日本に原発惨事が起きるのは時間の問題」と警告し、実際に予言を的中されせたローレン・モレット氏が、氏の公式ホームページで、「3・11HAARPによる人工地震によるもの( the HAARP triggered Fukushima disaster )」と断定していたとは知らなかった。

 今回、本ブログで「参考情報」として、これを紹介したのは、とにかく、こういう指摘が、世界的にその名の通った米国の女性科学者から出ているということを記録として残したいためである。

          *

 ★ 「HAARP(パープ)」については、元ミネソタ州知事(元プロレスラー、現在、調査報道ジャーナリスト)のジェシー・ベントゥーラ氏も、疑念を提起している。
 ⇒ http://www.infiniteunknown.net/2011/04/11/former-governor-jesse-ventura-on-government-cover-ups-911-the-reality-of-haarp-and-making-government-better/

 人工地震で「ツナミ」を引き起こすことができると警告している。

          *

 ★ この「ハープ」については、「マインド・コントロール用」のアプリが開発され、実用化実験が進められているという見方も出ている。

 実際はどうなのか?

 警戒を怠ってはならない! 

          *

 〔★は大沼〕 ◎ ローレン・モレット(Leuren Moret)博士 公式HP
   ⇒ http://leurenmoret.info/index.html

 ・ Today in retrospect, I can think of no greater reward for my many years of effort and hard work in the sciences, than to be the messenger warning the Global Community about the horrific dangers of HAARP and nuclear technologies, and predicting the HAARP triggered Fukushima disaster in 2004 in the JAPAN TIMES: "Japan's Deadly Game of Nuclear Roulette."

 ・ My research led to a chance meeting in 2000 with Marion Fulk, the Manhattan Project scientist who solved the difficult problems on the Hydrogen Bomb for the US Government, and made it work.  He became my mentor and greatest supporter over the next ten years as I built a global reputation as an expert witness and educator on the harmful effects of nuclear technologies to biological systems and the health of the environment.  With this research came a new and perhaps as important field of knowledge, the new global Weapon of Mass Destruction based on Tesla technology known as HAARP.  It was secretly co-developed by the U.S. and the Soviet Union at Livermore nuclear weapons lab and in Russia.

 ◎ ジャパン・タイムズ  Japan’s deadly game of nuclear roulette (日本の死のロシアン・ルーレット)  by Leuren Moret
  (2004年5月23日付け)⇒ http://www.japantimes.co.jp/life/2004/05/23/to-be-sorted/japans-deadly-game-of-nuclear-roulette/#.VlQ2PJWhcqR   

 ・ It is not a question of whether or not a nuclear disaster will occur in Japan; it is a question of when it will occur. (日本の原発災害は起きるか、起きないかの問題ではない。いつ起きるかの問題です」

 ◎ ジャパン・フォーカスで再録 ⇒ http://japanfocus.org/-Leuren-Moret/2013/article.html

 ◎ ローレン・モレ氏 Wiki(日本語) ⇒ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A2%E3%83%AC

 

Posted by 大沼安史 at 08:14 午後 |