« 〔アベノ政治を許さない!〕◆ 野菜関税 撤廃! 水産物も撤廃! ―― まだまったく「大筋でも合意していない」国民に対して、安倍政権の「農林水産大臣」が、ようやく「TPP」の中身の一端をチラリ、開示した!  | トップページ | 〔アベノ無法国家〕★ 辺野古取り消し 防衛省「私人」で不服請求 「身内」の国交相が判断 / 沖縄県の翁長知事、「同じ内閣の一員である国交相に審査請求を行うことは、不当というしかない。行政不服審査法のあしき前例になる」と、安倍政権のご都合主義を反発! »

2015-10-17

〔フクイチ核惨事 瓦礫撤収プルームの脅威〕◆ 2013年8月、放射能にほとんど汚染されてない地域(フクイチの北)の空中放射能(セシウム137)が急に、バックグラウンドの30倍にも跳ね上がる! セシウム137を推定2800億ベクレル、放出! 土壌サンプルからは、高濃度ストロンチウム( a high 90Sr contamination )を検出! 「同年8月19日のガレキ撤去作業によるものとみられる」! ―― 国産研究チームが米化学会の学術誌に発表

 ★ 瓦礫処理などに伴う「廃炉作業プルーム」の危険性が、あらためて確証された!

   東電は事前警報を発するべきだ!

   こういう状態での住民帰還は、あまりにも無謀である!

    「石棺化」も急務だ!

 ★ 2013年8月、3号機のがれき撤去作業に伴って発生した「フクイチ発放射能プルーム」が、南相馬の方向に流れ、水田などを汚染した疑いは、すでに報じられている。
 (これについては、以下のブログを参照 ⇒ こちら こちら

 今回、国際的な学術誌に発表された研究結果は、フクイチからの「作業プルーム」が、なんとストロンチウム汚染まで引き起こしていたことを確証するものであり、東電の汚染責任問題があらためて問われる事態となった!

          *

 ★ 瓦礫撤去など廃炉作業はこれから延々と続いて行く。

  東電はプルーム発生の恐れがある場合、風下住民に警報を出すべきではないか!
  
          * 

 〔★は大沼〕 ◎ Post-accident sporadic releases of airborne radionuclides from the Fukushima Daiichi nuclear power plant site

 Georg Steinhauser, Tamon Niisoe, Kouji H Harada, Katsumi Shozugawa, Stephanie Schneider, Hans Arno Synal, Clemens Walther, Marcus Christl, Kenji Nanba, Hirohiko Ishikawa, and Akio Koizumi

(8日付け) ⇒ http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/acs.est.5b03155

          *

Abstract

The Fukushima nuclear accident (March 11, 2011) caused the widespread contamination of Japan by direct deposition of airborne radionuclides. Analysis of weekly air filters revealed sporadic releases of radionuclides long after the Fukushima Daiichi reactors have been stabilized. One major discharge was observed in August 2013 in monitoring stations north of the Fukushima Daiichi nuclear power plant (FDNPP). During this event, an air monitoring station in this previously scarcely contaminated area suddenly reported 137Cs activity levels that were 30-fold above the background. Together with atmospheric dispersion and deposition simulation, radionuclide analysis in soil indicated that debris removal operations conducted on the FDNPP site on August 19, 2013 are likely to be responsible for this late release of radionuclides. One soil sample in the center of the simulated plume exhibited a high 90Sr contamination (78±8 Bq kg-1) as well as a high 90Sr/137Cs ratio (0.04); both phenomena have usually been observed only in very close vicinity around the FDNPP. We estimate that through the resuspension of highly contaminated particles in the course of these earthmoving operations, a gross 137Cs activity of ca. 2.8×10・11Bq has been released.

Posted by 大沼安史 at 09:58 午前 |