« 〔本ブログ 一時休載のお知らせ〕◆ やむを得ぬ所用で、ネット環境を一時的に離れます。すこしの間、ブログの更新を停止させていただきます。できるだけ早く再開するつもりです。また、お立ち寄りください。  | トップページ | 〔山口県周南市から中性子線被曝の訴え〕◆ 元高専教官の工学者、Aさんが中性子線測定機での検出データをもとに、中性子線被曝の恐れのある圏域をグーグル地図で公開! ★ これは公衆衛生上の大問題だ! 保健所など関係当局は、「線源」の特定など調査に乗り出すべきではないか! »

2015-09-26

〔夕陽村舎日記〕◆ 山形市に引っ越しました!

 事情があって、岡山・吉備中央町から、北帰行を果たした。

 ほんとうは、ふるさと、宮城県・仙台市に戻りたかったが、電磁波および中性子線(?)によるハイテク・ハラスメントを受けたことが逃避行のそもそものはじまり=原因だったので、奥羽山脈の西側、山形の山形市に居を定めた。

 そして本日、ようやく、ネットが開通!(4日に申し込んで、26日になってようやく……とほほ)

          *

 岡山のNTTの固定電話の使用を打ち切るにあたって、おもしろいことがあった。

 オペレーターの方に「仙台方面」に引っ越すので、使用の停止をお願いします、と頼んだら、こちらが山形市に引っ越すなどと一言も言っていないのに、「ヤマッ」と言って、慌てて言葉を区切ったのだ。

 ヤマっ――山形のヤマっ?

 オペレーターは、引っ越しに伴い、ふつう行われる、移転先の電話番号の決定(いくつかの候補の中から、利用者が決める)を見越し、その引っ越し先の番号を、どこかに知らせるよう指示されていたのではないか?…………そんな「妄想」が――勘繰りが、一瞬、アタマをよぎった!

          *

 ま、それはともかく――そんなバカバカしいことはさておき、山形市に移って、わたしがさっそく訪ねたのは、「シベール」というパン屋さんが同市内に開いている、井上ひさしさん(山形出身)の「遅筆堂文庫」だった。

 10月には高橋源一郎さんが、11月にはピーター・バラカンさんが講演に来ると聞いて、うれしくなった。

          *

 わたしは井上ひさしさんと、ちょっとした縁があり、ひさしさんが亡くなったときも、あの白い丸首のシャツを来たひさしさんが、わたしの枕元に現れ、白い、ぼあっとしたものが、一瞬、躊躇したあと、「まあ、仕方ないな。こいつでも。役不足だけど、がまんして入ろう」と、わたしの中に入って来た!

 いや、マジで!

          *

 そういうこともあるのか、山形に来て、なぜか急にダジャレを連発するようになってしまった、わたし!

          *

 山口県周南市で「中性子線」の照射を浴び、苦しんでいる、元高専教官の工学者、Aさん同様、わたし(たち)の苦しみもまたハンパではないが、3年前、仙台を追われて以来、逃避行を続けているわたしたちもまた、ドモリを笑いで克服したひさしさん同様、笑い飛ばし、蹴飛ばして生きるしか、ない!

          *

 井上ひさしさんが、最後の最後まで、敵対を和解に変えることに希望をつないでいたのは、あの小林多喜二の悲劇を描いた「組曲 虐殺」を見ても、明らかなことだ。

          *

 特高の人と多喜二が肩を組んで踊る、あのシーン!

          *

 そろそろ対立は、もう、よしにしよう。

 中性子線を浴びせて、忌野清志朗さんや高木仁三郎さんを癌にしたようなこと(――これは、もちろん、わたしの妄想です!)は、もう、よしにしよう!

          *

 この国を――この国に生きる人びとを、守る!

 それが、みなさんの――あなたがたの、本来的な使命ではなかったのではないですか!

          *

 わたしはかつて、仙台駅で、井上ひさしさんから、(背後から)「大沼さん!」と呼びかけれられたことがある。

 その声をわたしはちゃんと覚えている。

 忘れられない、ひさしさんの、あの声!

          *

 そのことを誇りに、わたしはひさしさんのふるさと、ここ山形で、なんとしても、ガンバルことにしよう!

          *

 岡山・吉備山中同様、山形もまた、夕陽がきれいなところ。

 「夕陽村舎日記」を、そのままタイトルを変えずに、続けて行く。 

Posted by 大沼安史 at 08:52 午後 |