« 〔アベノ政治を許さない!〕★ さあ本番! 闘いの秋(とき)が来た! ―― 日本全国デモ情報 ♪ 民主主義は何だ? これだ! それだ!、それだ!、それだ!、それだ!………… | トップページ | 〔アベノドレイ派遣労働法案 参院院厚生労働委で可決〕◆ ツイッター現場報告 : <採決に向けた緊急動議が出されようとした際に、傍聴席にいた派遣社員の方々が、派遣法の改悪案が強行採決される心配から泣き始めました。すると、自民党の複数の議員が「早く追い出せ!」「騒ぐな!」と傍聴席に向かって怒鳴り始めたんです> ★ まるでタコ部屋の棒頭のようなアベノ議員たちではないか! »

2015-09-08

〔フクイチ核惨事 チェルノブイリ強制避難レベルの土壌汚染区域へ帰還を強制〕★ 楢葉町の生活道路脇の土壌から、セシウム137、キログラムあたり4万1900ベクレル(セシウム134は1万600ベクレル)を検出 / チェルノ強制避難(居住禁止ただちに強制避難。立ち入り禁止)の土壌汚染基準(セシウム137、2万2769ベクレル/kg以上 : 「内部被ばくを考える市民研究会」調べ)を、倍近くも上回る!―― 「いわき放射能市民測定室たらちね」が今年6月に採取・測定 : 「通学路になる場所の土壌も濃度汚染されている」

  
 〔★は大沼〕 ◎ 朝日新聞 / 福島)楢葉・生活道路脇の土壌で5万ベクレル超検出
    (6日付け) ⇒ http://digital.asahi.com/articles/ASH953RG9H95UGTB008.html

 ・ 食品や環境の放射能を測定しているいわき市のNPO法人「いわき放射能市民測定室たらちね」(織田好孝理事長)は5日、楢葉町内の道路脇の土壌で、セシウム合算で1キログラム当たり5万ベクレル超の放射性物質を検出したとする調査結果を発表した。

 土壌は町からの避難者で、東京電力協力企業の技術者だった安島琢郎さん(75)らが今年6月に町内4カ所で採取した。

 同町上繁岡の生活道路脇の土壌で5万2500ベクレル(★ セシウム137、キログラムあたり4万1900ベクレル / セシウム134は1万600ベクレル)

 ▽町営住宅近くの小学校の通学路脇で3万4790ベクレル(★ うちセシウム137は2万7700ベクレル)

 ▽寺院近くの生活道路脇で2万6480ベクレル(★ 同2万800ベクレル)

 ▽中学校の通学路で8850ベクレルなどを検出したという。

 近辺の空間線量は0・3~0・7マイクロシーベルトと比較的低かったが、安島さんは「低線量でも健康被害は報告されている」「通学路になる場所の土壌が高濃度汚染されている」と町への帰還に懸念を示した。

           * 

 ◎ 「いわき放射能市民測定室たらちね」測定結果
   ⇒ http://www.iwakisokuteishitu.com/pdf/weekly_data.pdf

          *

 ◎ 「内部被ばくを考える市民研究会」: チェルノブイリ事故の際の放射能汚染の区分(土地) 改訂版
 ⇒ http://www.radiationexposuresociety.com/archives/1706

 ◆ セシウム137による汚染での区分

  第1区分 強制避難区域……居住禁止ただちに強制避難。立ち入り禁止。

  土地汚染   148万ベクレル/㎡以上  (40キュリー/k㎡ 以上) 

  土壌汚染   22,769ベクレル/kg以上

  空間線量     5.2マイクロシーベルト/時 以上 

Posted by 大沼安史 at 06:43 午後 |