« 〔フクイチ核惨事 海面上昇〕◆ 採掘可能な化石燃料を燃やすと――海面上昇で、東京(など沿岸都市)水没! / 南極アイスシートがメルトダウンして、海面が60mも上昇 ★ フクイチも川内も高浜も柏崎・刈羽も……日本の臨界原発はすべて水没する! どんな恐ろしい事態になることか! | トップページ | 〔フクイチ核惨事 被曝受難〕◆「2度の手術も、リンパや肺に転移。弟2人も甲状腺に嚢胞が…………」 / ★ 福島県の中通に住む20歳の女性――彼女の「3・11」は、中学校の卒業式の当日だった。県立高校に進学した翌年、2年生の夏、甲状腺がんが見つかった。卒業後、県外の芸術系大学に進学、夏休みに帰郷して、がんの再発が告げられた! やむなく、大学を退学!………… ―― 「フライデー」でジャーナリストの明石昇二郎さんが告発報道! »

2015-09-13

〔アベノ再稼働を許さない!〕◆ 小泉純一郎元首相が「原発再稼働、間違っている」「原発は環境汚染産業だ」「よく『世界一厳しい』なんて言えるなあ」と、痛烈批判! ★ それを朝日新聞が「朝刊1面」(4面のインタビュー詳報)で、きょう(13日)という、この時点で報道! 

  「原発は環境汚染産業だ」!!!!! (★そして、原発は、いのちの敵だ!!!!!)

          *

 ◆ 「米国は、日本が『原発ゼロで行く』と決めれば、必ず認めます。同盟国だからね。一部の推進論者は反対するかもしれないが、日本国首相と米国大統領が信頼関係のもとで話をすれば、米国は絶対に日本の意向を尊重する。それが民主主義国家同士の関係だ」

          *

 ★ 小泉元首相へのインタビューは9日に行なわれた。

   なぜ、小泉元首相がいまこの時点で、ここまで痛烈な批判を展開し、なぜ朝日新聞が1面掲載で応じたか?

 わたしは少なくとも3つの理由があると思う。

Photo_2
 ひとつは、川内再稼働が順調に、大事故へ向かって進んでいる、との危機感が両者の間の共通認識としてあること。(写真は、ひた隠しにされている、川内再稼働原発からの黒煙)

 もうひとつは、フクイチの制御が効かなくなりつつある――あるいはもう効かなくなっていることへの共通理解があること。

 さらには、安倍首相の首相としての能力――理解力・判断力について、両者が決定的な、この男はダメだと、不適格評価を行うに至ったこと

 ――である。

          *

 〔★は大沼〕◎ 朝日新聞 : 「原発再稼働、間違っている」 小泉元首相インタビュー
    ⇒ http://www.asahi.com/articles/DA3S11962678.html?iref=reca

  ・ 小泉純一郎元首相(73)が朝日新聞の単独インタビューに応じ、川内原発1号機が営業運転を再開するなど原発再稼働の動きが進んでいることについて、「間違っている。日本は直ちに原発ゼロでやっていける」と語った。政府や電力会社が説明する原発の安全性や発電コストの安さに関して「全部うそ。福島の状況を見ても明らか。原発は環境汚染産業だ」と痛烈に批判した。▼

          *

 ◎ インタビュー詳報 : 「原発推進、責任感じる」 小泉元首相「即ゼロ」に思い
    ⇒ http://www.asahi.com/articles/ASH9D4J8PH9DUTFK003.html

          *

 ★ 昨日午後、わたしの住む岡山・吉備高原に、南風が吹いた。

   フクイチ核惨事後、仙台で被曝した、「あのいやな感覚」を覚えた!

   線量計を持参しなかったので、データを示すことができない。

   ただ、その時、わたしが「もしかしたら、川内からのプルームかも」と「思ってしまった」ことだけは確かだ。 

          *

Photo ★ 川内では8月16日に「黒煙」が上がったが、マスコミはいまだに総沈黙を続けている。
   以下の本ブログ記事参照 (記事中、 の文字が2ヵ所にあるが、これはなぜか、誰のイタズラか、勝手に入って来たものなので、記念というか、事実の記録として、そのまま残してあります――大沼)

 ◎ 08-16 〔アベノ再稼働を許さない!〕◆ (異常事態? 要拡散!) 「世界一の安全基準をクリア」と安倍首相が国際社会に見得を切った川内原発から、本日 なんと黒煙、そして白煙 ツイキャス映像で確認 ! 1号機建屋から、断続的に吹き上がる! 
    ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2015/08/post-1f02.html

Posted by 大沼安史 at 08:11 午前 |