« 〔アベノ原発再稼働 許すまじ!〕◆ 桜島大噴火で川内原発が「第2のフクシマ」になる!「降灰で電線が切れて電源喪失」/ 「今回も降灰の影響が大きく、当然、桜島から52キロ離れた川内原発にも影響は及ぶと思います」(琉球大理学部・木村政昭名誉教授)/ 「噴火の際に非常用発電機が正常に動くかどうか、断定的に判断することができません」(小出裕章さん) | トップページ | 〔フクイチ核惨事 綱渡り 無限進行〕◆ 9・3 …… 福島第一原発3号機 燃料プールに油流入 冷却中断 4時間後に冷却を再開 ★ 断続的な再臨界の継続が疑われ、放射性蒸気さえ噴き上げているのに――そしてMOX3号機の核燃プールの冷却が一時停止したというのに、安倍政権はよくも平気で、楢葉町などの人びとに帰還を強いれるものだ! »

2015-09-05

〔フクイチ核惨事 再臨界続く!?〕<Fukushima Dairy> ★ 群馬県の下水処理場の脱水汚泥から、5~7月に、放射性ヨウ素131を、相次いで検出

I131detectedfromdehydratedsludgeofs 〔★は大沼〕◆ フクシマ・ダイアリー I-131 detected from dehydrated sludge of sewage plant in Gunma
 ⇒ http://fukushima-diary.com/2015/08/i-131-detected-from-dehydrated-sludge-of-sewage-plant-in-gunma/

 ★ 写真はFDより。

  

          *

 ◎ 5月21~25日、桐生水質浄化センター(桐生市)での採取分から13Bq/Kg

 ◎ 5月23~25日、県央水質浄化センター(玉村町)での採取分から28Bq/Kg

 ◎ 6月17~22日、西邑楽水質浄化センター(千代田町)での採取分から18Bq/Kg
 
 ◎ 6月20~22日、県央水質浄化センター(玉村町)での採取分から49Bq/Kg(セシウム137も10Bq/Kg)

 ◎ 7月27~29日、群馬県奥利根水質浄化センター(沼田市)での採取分から、放射性ヨウ素131、24Bq/Kg(セシウム137も33Bq/K)

          *

 ★ 49Bq/Kgの最大値を記録するなど、この間、2度もヨウ素131を検出した「県央水質浄化センター」(写真は群馬県庁サイトより)は、「前橋市、高崎市をはじめとする10市町村」を処理区としている。

000242335
 ⇒ https://www.pref.gunma.jp/07/p23210007.html

 群馬の心臓部ではないか?

 フクイチからの再臨界放射能プルームが群馬を襲っている?!

 群馬県庁は県民の安全確保のため、対策を打ち出すべきだ!

 利根川水系全体(中・下流域)のヨウ素131汚染も危惧される!

Posted by 大沼安史 at 04:57 午後 |