« 〔アベノ戦後70年談話〕◆ アベ・シンゾー、「個人的なお詫びの言葉を回避」――仏語世界の最権威紙、ルモンドもまた批判報道! / 安倍首相を、「お詫びの屈辱の繰り返し」を終えてしまいたい「日本会議」に近い国家主義者――とも! | トップページ | 〔川内原発再稼働〕◆ 英紙ガーディアンが、再稼働した川内原発から50キロの地点にある桜島(活火山)が大爆発の恐れと警告報道 »

2015-08-15

〔アベノ政治を――アベノ談話を、アベノ戦争法案を許さない!〕★ 1944年の春、クリスチャンの渡部良三さんは学徒出陣先の戦地で、中国人捕虜を刺殺する殺人演習を命じられた。そうして……自分の番が迫ってくる……その時、渡部さんは「ある声を聞いた」そうだ。これは、そのときの歌 ―― 鳴りとよむ大いなる者の声きこゆ「虐殺こばめ命を賭けよ」

 ★ 鳴とよむ……とよむとは、響き渡るの意。

          *

   そして――

     縛らるる捕虜も殺せぬ意気地なし 国賊なりとつばあびさる

   渡部さんは「殺人演習」を拒み通したが、にもかかわらず良心の痛みに苦しむ。

          *

   だから――

     すべもなきわれの弱さよ主の教え 並みいる戦友に説かずたちいつ

   ――と。

          *

   戦後70年の「首相談話」は、こうした倫理の極みから、なされるものであったはずだ。

   自分の言葉で、詫びることができなかったアべ首相。

   首相はせめて、戦争法案を撤回すべきである。
   

          *

 〔★は大沼〕★ 雑誌『世界』最新号(9月号)に、憲法学者の蟻川恒正さんが<「個人の尊厳」と九条>という論文を寄稿している。

 その中に、渡部良三さんの体験が書かれていた。

41whg9kzeal__sx355_bo1204203200_ 渡部さんの歌集は、『歌集 小さな抵抗――殺戮を拒んだ日本兵』として、「岩波現代文庫」に収録されている。  

◎ ネット注文は ⇒ http://honto.jp/netstore/pd-book_03468894.html
 

Posted by 大沼安史 at 02:49 午後 |