« 〔アベノわが軍 米軍支援でアフガニスタンに派遣?〕◆ 首都カブールで自爆攻撃、相次ぐ、タリバンが警察学校を攻撃 続いて、米軍の特殊作戦基地、「キャンプ・インテグリティー」を武装グループが襲撃 / 少なくとも35人が死亡、数百人が負傷 / ことし前半、5000人のアフガン民間人が死傷 ★ 「テロとの戦い」とかなんとか言って、安倍政権は米軍事権力の命令で、自衛隊をアフガンにも送り込もうとしているのではないか! | トップページ | 〔アベノ政治を許さない!〕◆ ナガサキ 平和への誓い / 被爆者代表の谷口稜曄(すみてる)さん(86) 「今政府が進めようとしている戦争につながる安保法案は、被爆者をはじめ平和を願う多くの人が積み上げてきた核兵器廃絶の運動、思いを根底から覆すもので、許すことはできない」 »

2015-08-09

〔アベノ政治を許さない!〕◆ 長 崎 平 和 宣 言 (8・9 田上富久市長)/ 原発事故の影響で苦しんでいる福島の皆さんを、長崎はこれからも応援し続けます / (安保法制)日本国憲法の平和の理念が、いま揺らいでいるのではないかという不安と懸念が広がっています 

Sengen2014_sm

 ◆ 東日本大震災から4年が過ぎても、原発事故の影響で苦しんでいる福島の皆さんを、長崎はこれからも応援し続けます。

 ◆ 現在、国会では、国の安全保障のあり方を決める法案の審議が行われています。70年前に心に刻んだ誓いが、日本国憲法の平和の理念が、いま揺らいでいるのではないかという不安と懸念が広がっています。政府と国会には、この不安と懸念の声に耳を傾け、英知を結集し、慎重で真摯な審議を行うことを求めます。

 ◆ 日本政府に訴えます。

 国の安全保障を核抑止力に頼らない方法を検討してください。アメリカ、日本、韓国、中国など多くの国の研究者が提案しているように、北東アジア非核兵器地帯の設立によって、それは可能です。未来を見据え、“核の傘”から“非核の傘”への転換について、ぜひ検討してください。

 ◎ ⇒ http://nagasakipeace.jp/japanese/peace/appeal.html
 

Posted by 大沼安史 at 11:44 午前 |