« 〔TPP、許すまじ!〕◆ ウィキリークス、TPP投資家条項〔ISD(投資家・国家間紛争)条項〕を暴露……「超国籍企業が最優先」/ <多国籍企業が投資先の政府による「不利益」を、特別国際裁判所に訴えることができる「投資家・国家間紛争(ISD)条項」が盛り込まれる> ◆ ウィキ暴露の翌日、米政府交渉責任者が「TPP、数ヵ月で合意可能」と超強気の見通し。 | トップページ | 〔フクシマの歌〕◆ 「3・11」の12年前、波汐國芳さん(元東北電力・川俣営業所長)は、メルトダウンを予感し、こんな歌を詠んでいた / 桜木の木下の闇や原発の炉心溶融あるかも知れぬ ★ フクイチ被曝地の桜はことしも咲いたはずだ! 安倍政権が再稼働を進める日本。美しい国の桜を放射能で穢してはならない! »

2015-04-03

〔フクシマはいのち〕◆ <飯館村でワンニャン給餌ボランティア活動> / 阪神大震災でペットを救ってもらった日比輝雄さんは、恩返しに神戸から郡山市に移住、ほぼ毎日、飯館村に通って、いのちを救う活動を続けている! ★ おりしもスペインの首都、マドリッドが、ペットを処分しない世界最初の都市に! フクイチ被曝地の、それ以外の日本のペットたちを救おう!

Ph_iidate_09

150323nokill

 ・ 福島県郡山市に住む給餌ボランティアの日比輝雄さん。日比さんは、食料や水、清掃道具などを車に満載し、ときには一人で、ときには奥さまの優子さんと一緒に、ほぼ毎日飯館村に通い続けている。往復の走行距離は200kmを越えるといい、この長距離の運転が何よりも大変だそうだ。

 ・ 日比さんが給餌ボランティアを始めたきっかけは、自身が阪神大震災の被災者であり、その際にペットの救済が必要なことを痛感し、また実際にボランティアに助けられたからだ。飯館村で給餌ボランティアを始めた当時、日比さんはまだ神戸在住。月に約2回、電車で通い、現地でレンタカーを借り、すでに給餌ボランティアを行っている人たちに話を聞きながら、活動したという。その後、通いでは費用も時間もかさむこと、仕事が定年を迎えたタイミングもあり、一昨年の8月に、45年間暮らした神戸を離れて移住を決意。郡山で家を探し、奥さまと愛犬とともに移り住んだ。

〔★は大沼〕◎ 日比輝雄さんのブログ
 ⇒ http://ameblo.jp/t-hibidas/entry-12009260883.html  

 ◎ 関連ブログ <飯館村ワンニャン給餌ボランティア>
 ⇒ http://jafmate.jp/jmp/311/iidate_namie/000.html

 ★ 上記写真を拝借(写真説明:「日比さんが現れると、尻尾をプロペラのように回して大喜び。しかし、1か所に長くは滞在できない。帰るときの追いすがってくる顔を見るのがつらいという。」)

          *

 ★ 関連サイト
 ◎ 犬猫救済の輪 動物愛護活動ドキュメンタリー
   ⇒ http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-4546.html
 ◎「犬猫救済の輪」
   ⇒ http://inunekokyusainowa.la.coocan.jp/

          *

 ★ マドリッドが3月23日、世界初のペットを安楽死させない「ノーキル・シティー」に! / たとえホームレスになってもいのちをエンジョイする権利が付与される!!!
  ⇒ http://www.lifewithdogs.tv/2015/03/madrid-becomes-a-no-kill-city/

 ・ On March 13, 2015, Madrid became a no-kill city after the government signed in a new law making the euthanasia of strays or abandoned animals illegal. From now on, all pets in Madrid will have the right to enjoy their lives even if they have no homes or responsible owners.

Posted by 大沼安史 at 10:32 午前 |