« 〔フクシマの歌〕 ◆ 歌人の川野里子さんは「3・11」にイタリアにいた。「そしたら今後は原発が爆発して」……「みな茫然として、『日本は終わったね』と言われました」/ 帰国したら「あれは福島の問題……」。悩みながら<爆風のやうに桜花は白く咲き三度目の原爆かくもしづけき>と詠んだ。 | トップページ | 〔イエメン戦争〕◆ サウジアラビア、対「フーシ」(シーア派)の「決然たる嵐作戦」の停止を言明しながら、その後も空爆、砲撃を続行! / 死者944人に / サウジ、新たに「希望の復興作戦(Operation Restoration of Hope)」を開始 ★ 安倍政権は米国に追随し、自衛隊を、どんな作戦名で投入する(?)つもりなのか! 「オペレーション・美しい国」とでも……?! »

2015-04-23

〔後藤さんら帰らず〕◆ イスラム過激派問題の専門家、ハサン・アブハヤニ氏はこう証言した! 「(後藤さんらの)映像公開の約1ヵ月半前の12月ごろ、日本政府の担当者が私を訪ねてきた。彼は人質がシリア、とくに(ISが首都と称する)ラッカのある地方で拉致されたと知っていた。私はISの犯行だと言った。なぜ、もっと早く動かなったか」★ 国会は調査委員会を立ち上げ、真相究明と責任の所在を明らかにすべきである!

F8_18

 〔★は大沼〕◎ ⇒ http://digital.asahi.com/articles/DA3S11719287.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11719287

 ★ 朝日新聞の報道によると、

          *

  菅官房長官は、後藤さんたちを拘束しているのがIS(イスラム国)だと確信したのは「1月20日」だと説明している。だが、複数の政府関係者は、安倍首相が中東歴訪に出発する1月16日より前に、メールの発信元などからISによる犯行の可能性が極めて高いを認識していたと証言する。……

          *

 ★ ハサン・アブハヤニ氏の今回の証言は、安倍政権が昨年12月時点で、すでに後藤さんらがISに拘束されていることを知っていたを示すものだ。

 知っていながら、政府みずから動かなかった。

 これは「見殺し」ではないか?

 ハサン・アブハヤニ氏はさらに、朝日新聞のインタビューに対して、「ヨルダンがISとの間に問題を抱えていると知りながら、なぜ(ヨルダンに)頼ったのか。なぜトルコに頼らなかったのか」と根本的な疑問を投げかけている。

 そして「殺害予告までの間、何をしていたのか。本当に解放したいなら(解放に成功した)トルコやフランスのようにISと交渉すれば出来ていた」と厳しく指摘する。

 結局、後藤さんらは、邦人保護義務を投げ捨てた安倍政権によって、死に追いやられたわけだ。

 国会は事件を検証する調査委員会を発足させ、責任の所在を追及するとともに、こんごの教訓を引き出すべきだ。

          * 

 ◎ 朝日新聞 ⇒ http://digital.asahi.com/articles/DA3S11719287.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11719287
  

Posted by 大沼安史 at 06:30 午後 |