« 〔安倍首相のおともだち、イスラエル・ネタニヤフの側近が言明〕◆ イランに対する軍事力の行使は、なお「テーブルの上にある」! ★ せっかくの「イラン核合意」をぶちこわそうというイスラエル右翼強硬派! おともだちの安倍政権は、これにどう対処するつもりか? 「霞クラブ(日本外務省記者クラブ)」の記者諸君、岸田外相に質問をぶつけたまえ! | トップページ | 〔多発する甲状腺がん、福島県が医療費を全額負担〕★ 福島県以外の「風下被曝地」でも、医療費無料化は必要だ。闘病に伴う補償支援も始めなければならない! »

2015-04-07

〔これはもしかしたら、洲本の殺人事件捜査本部の事件解明のヒントになるかも知れない!〕◆ 洲本(淡路島)で、近隣住民を殺害した犯人は「電磁波」がどうの、と取り調べに対し「供述」していたという。なぜ、そんな「妄想」にとらわれたのか? 捜査本部は、下記の「業者」から、捜査のアドバイスを受けたらいい!

 ◎ 電磁波攻撃で復讐
 ⇒ http://blog.livedoor.jp/gunshop_yamiakinai/archives/43234436.html

          *

 上記のブログには、以下のように書かれている。

 ・ アパートマンション、隣の騒音がうるさい!! 1 隣の住民とトラブル続きで追い出したい 2 マンション・アパートの二階の騒音がうるさい 3 引っ越して貰いたい そんな方のために電磁波マシーンで追い出せます。

 ・ 複数居住しているマンションなどでもターゲットの部屋だけ集中して攻撃ができますが家族がいた場合は特定することは理論的には可能ですが、実際は難しく家族全員が被害に遭うことになります。

 電圧の調整で身体の痛み、幻覚、物忘れを起こさせることができます。夜の睡眠は聴覚に影響して寝る事もできなくさせられます。

 1週間程度の攻撃で鬱病、自殺、身体全身の痒み、幻覚などに悩まされます。期間は1週間~10日で表情が現れます。これらの攻撃で自殺することはありますが、死ぬことはありません。

 ・ 左右隣の部屋・上下の階の部屋には効果がでます。
 最近は社宅などに住んでいる人の注文が多いです。
 それはトラブルです。

 電磁波攻撃を受けて仕事もできなくなり、病院で、「統合失調症」と診断されて退職した人もいます。

 電磁波放射器とは電子レンジの小型のようなものです。
 電子レンジはドアを閉めないと電源は入りませんが、そのドアのないものです。
 飛び出すのは、「マイクロ波」 水分に反応して熱を発します。

 これで1週間もすると寝られなくなり、体調を崩します。
 隣のターゲットを追い出すには優れものです。

 電源は600wと喰いますが効果は3日で出ます。
 騒音がうるさいと注意すると非常識な連中はもっと嫌がらせをしてくる奴もいます。
 注意して収まらないとしたら電磁波を浴びせて追い出せばいいわけです。

 死ぬ前に精神病に入院するので死ぬことはありません。
 病院は精神病は国から補助金も出るので一度入院させたら出しません。
 これで会社の復帰も部屋に戻ることはなくなります。

          *

 ◎ 参考 : <電磁波ニュース> イラク戦争で米軍、ファルージャなどで「電磁波兵器」を使用! カナダの調査報道ジャーナリストが、イラク米軍ソースの証言をもとに暴露! / 建物の屋上の死角に、「ポッパー」あるいは「ドーム」と呼ばれる、ドーム状の発信装置を設置 / 射程 半径0.8キロ 住民に照射! 頭痛・白内障・記憶喪失・癌・自殺……ターゲット区域の住民の抵抗を殺ぎ、追い出しを図る
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/03/post-40ee.html

Posted by 大沼安史 at 10:08 午後 4.電磁波被曝問題 |