« 〔フクシマの詩〕◆ たかが電気のために/たかが湯わかし器のために/僕らはなん言うことをしでかし/まだ処理する手だてのない核廃棄物の山を/まだ見ぬ子孫に押し付けて/この世を去ると言うのか ◆ 増尾由太郎さん、『誰も喜ばない詩をかく』(「市民の意見」4月1日号)より  | トップページ | 〔沖縄 命は宝(ヌチドゥ タカラ)〕◆ ≪米カウンターパンチ誌≫米国の歴史家、チャルマーズ・ジョンソンさんは書いた! / 沖縄で1988年から1995年までの7年間、「性暴力」で米軍の軍事法廷にかけたれた米兵は169人! もちろん氷山の一角! ★ 「ヘノコ」でこの時間も「粛々」と続けられているのは、米国のジャパン・ハンドラー(調教師)に服従した安倍政権による「集団自衛権レイプ」である! »

2015-04-06

〔ニューヨーク・タイムズの東京支局長、マーティン・ファクラーさん〕◆ 「問題はそれに疑問も挟まず、従って何の質問もせず、説明も求めないメディアの方です」 / 「一部の自民党の政治家や官僚とジャパンハンドラーとの付き合いしかないのです。……そういう人が同盟関係を管理している。だから、辺野古しかないという結論になってしまう。もっと幅広い人脈と付き合っていれば、さまざまな意見、選択肢が出てくるはずです」

 ◎ 日刊ゲンダイ : NYタイムズ東京支局長指摘 「大新聞は国民を見下している」
(3月16日付け) ⇒ http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/158019/2

 ・ 私は何も新聞に反安倍のキャンペーンをやれと言っているわけではないんです。安倍政権はこういうことをやろうとしているけれども、そこにはこういう問題点や危険性がある。こういう別の意見もある。せめてさまざまな立場の見方を紹介して、幅広い議論を喚起することが必要なんじゃないですか。

 ・(後藤さんらの事件)私は中東で調査をしたわけではありませんが、東京から見ている限り、安倍政権はあらゆるルートを駆使したわけではないでしょう。最初からあきらめていたように見えます。身代金の支払いにしても早い段階から拒否しているし、この事件を政治的に利用し、テロに屈しないと宣言して米英の一員であることを国内外にアピールするのが狙いだったように感じました。

 ・ 9・11の直後、米国では国を守るためには団結しなければダメだという危機感がメディアの批判精神を鈍らせました。これは大きな失敗でした。あの時こそ、メディアは冷静になって、きちんとブッシュ政権に問うべきだったんです。本当にイラクに大量破壊兵器はあるのか。本当に、この戦争をしなければいけないのか。しかし、それをやらなかった。それと同じ失敗を日本のメディアは犯そうとしていますね。いま、日本の国家はどういう危機に直面しているのでしょうか? 台頭する中国への不安や懸念ですか? イスラム国の脅威ですか? そんな小さなことでジャーナリズムが批判精神を失うのでしょうか。

 ・ 私は列強の仲間入りをしたいという安倍首相が悪いとは言いません。彼は素直に自分のやりたいことをやっている。それは就任前の言動から容易に推測できたことです。問題はそれに疑問も挟まず、従って何の質問もせず、説明も求めないメディアの方です。だから、安倍首相が積極的平和主義を唱えれば、多くの国民が何の疑問も持たずに“そんなもんか”と思ってしまう。ここが危険なところです。

 ・ ジャパンハンドラーの人々は非常に保守的で、オバマ政権にも入っていないし、決して米国の意見を代表しているわけではありません。それなのに、自民党の政治家や外務省の官僚はジャパンハンドラ―に頼ってしまう。

 ・ 鳩山政権の時に脱官僚を唱えた瞬間、日米関係がぶっ壊れたでしょ? あんなにすぐ壊れるものかと驚きました。このことは日米のパイプがいかに細いかの裏返しです。一部の自民党の政治家や官僚とジャパンハンドラーとの付き合いしかないのです。日米関係に関わっている人は非常に少数で、そういう人が同盟関係を管理している。だから、普天間基地の移転問題にしても辺野古しかないという結論になってしまう。もっと幅広い人脈と付き合っていれば、さまざまな意見、選択肢が出てくるはずです。

Posted by 大沼安史 at 08:21 午前 |