« 〔フクイチ核惨事〕◆ 汚染水タンク中の放射性物質の量は(それだけで)チェルノブイリ放出量を上回る / 「タンクに溜まっている放射性物質の総量は123PBq」 / 「セシウム137とストロンチウム90が同じ濃度比率で含まれていたとして……チェルノブイリ事故での両放出量合計95PBqの約1.3倍になる」/ 山田耕作・渡辺悦司両氏の論文より ★ ああ、「フクイチ核毒水地獄」の恐ろしさよ! | トップページ | 〔首都放射能汚染〕★ 東京の子どもたちのための公園で、毎時480マイクロシーベルトのホットスポット ◆「フクシマ惨事の放射能汚染の懸念、甦る」 / ロイターが世界拡散報道! ★ 首相官邸の屋上より、子どもたちの遊び場の放射能汚染の方が問題だ! »

2015-04-24

〔イスラム国の反乱〕◆ シリア政府(アサド政権)がダマスカス郊外研究炉用・高濃縮ウラン〔HEU〕の中国返還に同意 /★「イスラム国」など反政府武装組織などの手に落ち、「汚い爆弾」に使われたら、たいへんなことになる! 

 ★ シリアが保有しているHEUは1キロに満たないが、それだけで「ダーティー爆弾」の材料としては十分だ。

 「イスラム国」軍は、ダマスカス郊外に進出し、首都攻略をうかがっている。

 早急なHEUの移転が必要だ。

          *

 〔★は大沼〕◎ アルモニター : Syria agrees to return highly enriched uranium to China
 22日付け ⇒ http://www.al-monitor.com/pulse/originals/2015/04/syria-give-up-highly-enriched-uranium.html#

 
 ・ Miles Pomper, a senior research associate at the James Martin Center for Nonproliferation Studies, told Al-Monitor that he learned at a conference in Bucharest this week that the Syrians are seeking to modify a small HEU-fueled research reactor and have asked for technical assistance from the International Atomic Energy Agency (IAEA). Pomper, who advocates ending the civilian use of HEU worldwide, called the Syria initiative “a good step.”

The Syrian offer comes only months after the regime of Bashar al-Assad fulfilled a pledge to get rid of its stockpile of chemical weapons and precursors. This new initiative could be viewed as another effort to improve the regime’s tattered international legitimacy but it is not insignificant from a nonproliferation point of view.

 ・ The Syrian reactor was provided by China along with fuel, of which less than one kilogram is believed to remain. It is located at the Der al-Hadjar Nuclear Research Center near Damascus.

Posted by 大沼安史 at 07:19 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔イスラム国の反乱〕◆ シリア政府(アサド政権)がダマスカス郊外研究炉用・高濃縮ウラン〔HEU〕の中国返還に同意 /★「イスラム国」など反政府武装組織などの手に落ち、「汚い爆弾」に使われたら、たいへんなことになる! :