« 〔東京新聞・社説〕◆ <侵略とおわび 自身の言葉で語らねば> /「植民地支配と侵略」への「反省とおわび」は歴史認識の根幹だ。全体として引き継ぐのだから、その都度言及しなくても国際社会の理解は得られると考えるのは、あまりにも独善的である。/ 未来志向に魂を入れるためにも、首相自身の言葉で「侵略」「おわび」を語るべきだ。 | トップページ | 〔フクシマの歌〕 ◆ 歌人の川野里子さんは「3・11」にイタリアにいた。「そしたら今後は原発が爆発して」……「みな茫然として、『日本は終わったね』と言われました」/ 帰国したら「あれは福島の問題……」。悩みながら<爆風のやうに桜花は白く咲き三度目の原爆かくもしづけき>と詠んだ。 »

2015-04-23

〔放射能で美しく輝く国のNEWS〕◆ ① 「放射能ドローン(飛行体=プルーム)」攻撃で、千葉の小学校前は3.42マイクロシーベルト ② 「放射能ドローン」、オオタカを狙い撃ち?! 繁殖力、激減! ③ 「放射能テロ」を予想するSPEEDIの活用を「削除」!

 ① ツイッター報告(はなゆー):首相官邸屋上の「ドローン」は1・0マイクマイクロシーベルト 千葉県柏市の小学校前のホコリは3.42マイクロシーベルト
 ⇒ https://twitter.com/hanayuu/status/590850923078885376

 ② <東京新聞> : 「原発事故でオオタカ繁殖低下」 高線量影響か
 ⇒ http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015042201001899.html

  ・ 11年の東電福島第1原発事故以降、栃木県など北関東で国内希少野生動植物種オオタカの繁殖成功率が低下していることが、名古屋市立大とNPO法人「オオタカ保護基金」(宇都宮市)の研究で判明。要因を統計解析し、空間線量の高まりが大きく影響したと推計している。餌の変化など他の要因の影響は小さかった。

 事故前の推計繁殖成功率78%が、事故後は50%近くに低下。時間経過に伴い空間線量は下がり成功率も回復すると予想されたが、12、13年とますます悪化した。

 ③ 「真実を探す」ブログ : 【これは酷い】放射能拡散予測の「SPEEDI」、削除決定へ! 規制委員会が自治体反対押し切る! 今月中に原子力災害対策指針改正
 ⇒ http://saigaijyouhou.com/blog-entry-6235.html

Posted by 大沼安史 at 12:03 午後 |