« 〔フクイチ核毒汚染〕◆ 「フクシマのまちにはかつて、少なくとも数百羽のツバメ(barn swallow)がいたものだ。それがいまや、多くのまちで数十羽(a few dozen)に激減している」 / 4年経った時点でも、危機に瀕するフクイチ周辺の鳥たち! ―― 米CBS放送が全米に周知報道! / 米国の鳥類学者、ムーソー(Mousseau)教授 「オオヨシキリ(the great reed warbler)も激減」! | トップページ | 〔イスラム国の反乱〕◆ シリア:「イスラム国」軍、首都ダマスカス攻撃で、地下トンネル構築の可能性 アサド宮殿まで5キロ地点に迫る ◆ イラク : 「イスラム国」、ラマディのイラク政府庁舎に自爆攻撃を開始 「政府」側から周辺の3村を奪取 »

2015-04-17

〔自民・公明両党は、集団的自衛権・武力行使要件で「他に適当な手段がない」を武力攻撃事態対処法に盛り込むことを了承〕★ 安倍首相の祖父、岸信介氏も閣僚として署名した、大東亜戦争の対米英「開戦詔勅」も、「他に手段なし」だった! ≪今や自存自衛(じそんぼうえい)の為、蹶然(けつぜん)起(た)って、一切の障礙(しょうがい)を破砕(はさい)するの外(ほか)なきなり≫ 

 
 〔★は大沼〕◎ NHK : 与党 集団的自衛権で「他に手段なし」の新要件了承
 (17日付け)⇒ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150417/k10010051591000.html

 ・ 安全保障法制の整備に向けた与党協議が開かれ、自民・公明両党は、集団的自衛権を行使できる武力行使の新3要件のうち、「他に適当な手段がない」という項目を武力攻撃事態対処法に盛り込むとする政府の方針を了承しました。

 ◎ 朝日新聞 : 集団的自衛権行使、法に「他に手段ない」明記 政府方針
 (16日付け)⇒ http://www.asahi.com/articles/ASH4J76NGH4JUTFK007.html

 ・  政府・自民党は16日、集団的自衛権を行使する時の判断基準となる「武力行使の新3要件」のうち、「国民を守るために他に適当な手段がない」という第2要件を、武力攻撃事態法に盛り込む方針を決めた。集団的自衛権の行使にできるだけ歯止めをかけたい公明党が要求。安全保障関連法案の早期成立をめざす政府・自民が受け入れた。

          *

 ◎ 参考 : 東亜戦争 開戦の詔勅  (米英両国ニ対スル宣戦ノ詔書)
 ⇒ http://www.geocities.jp/taizoota/Essay/gyokuon/kaisenn.htm

Posted by 大沼安史 at 06:48 午後 |