« 〔イスラム国の反乱〕◆ シリアでの攻勢、サダム・フセインの諜報機関トップ、ハジ・バクールが作戦指導 / 独誌「シュピーゲル」が報道 / 「アルカイダ学校」の灰のなかから、「イスラム国」が生まれた! ★ そして、そのイスラム聖戦主義に、サダム・フセインの世俗主義「スパイ・マスター」に知恵をつけている! | トップページ | 〔AIIB〕◆ アジアインフラ投資銀行に「日本は参加しなければならない」/ アジア・太平洋全地域へのプロジェクトになるべきもの。日本はAIIBに参加を拒否することで、アジアと太平洋諸国との間に、再び線を引くリスクを冒してはならない。TPPを締結し、AIIBに参加すべきである。 / 船橋洋一氏(元朝日新聞主筆)がニューヨーク・タイムズに寄稿 »

2015-04-23

〔首相官邸に何者かが「フクイチ放射能汚染水」を届ける〕◆ フクシマ原発事故へのプロテストではないか、との見方も。 /「ドローン」、屋上にいつ着陸したかも、官邸、「わからない」(ありさま) / 捜査員、放射線防護服も着用せず、現場処理 / ニューヨーク・タイムズが報道

 ★ 核毒が猛毒である以上、これは「核テロ」である! 

  実行犯は核のテロリストである。

  日本は、東電が「無主物」を膨大にばらまいたおかげで、いともかんたんに「核物質」を入手し、首相官邸にも「ドローン配達」ができる、放射能汚染国家になってしまった。 

 これで、東京オリンピックの開催も、ますますあやしくなった。

          *

          *

 〔★は大沼〕◎ Drone, Possibly Radioactive, Is Found at Office of Japan’s Prime Minister
 (22日付け)⇒  TV video showed several uniformed policemen without HazMat suits carrying a blue plastic box containing the drone for further examination.

 ・ It was not clear when the drone landed. Officials at the prime minister’s office, located in central Tokyo, said they rarely go up to the roof, which is also used as a heliport in case of an emergency.

 ・  TV video showed several uniformed policemen without HazMat suits carrying a blue plastic box containing the drone for further examination.

 ・ There was also speculation that it could have been a protest against the Fukushima accident.

Posted by 大沼安史 at 09:28 午前 |