« 〔イスラム国の反乱〕◆ アフガニスタンのジャララバードで、自爆攻撃 / 35人を殺害 ★ 「イスラム国」軍がアフガニスタンでも活動を開始した! 「アベノわが軍」は、こんなところにも、投入されてしまうのか? | トップページ | 〔イエメン戦争〕◆ 国連が2億7400万ドルの人道支援を国際社会にアピール / イエメン 国土の61%が荒廃! 15万人難民化、要保護750万人にも! ★ 安倍政権はサウジアラビア主導(&米軍支援)アラブ・スンニ派連合軍が空爆を続けている以上、国連の人道支援よびかけに耳を塞ぎ続けるしかない?! »

2015-04-20

〔イスラム国の反乱〕◆ イラク最大の石油精製基地、バイジを一時的に占拠 / 自爆攻撃で血路を拓き、突入 / 「イラク政府軍」、人員不足 「5個師団が機能しているだけ。再建は不可能」との見方も / 「イスラム国」、支配地域から戦闘員を徴兵 同時に複数の戦線で戦闘可能を誇示!

Pg28kimisisgraphic ★ 一時的ながら「イスラム国」軍が、イラク最大の石油精製所を占拠した。

 これは都市部の占拠より、より重大な意味を持つ。

 「イラク政府軍」は組織腐敗もあって、崩壊プロセスに入っているようだ。

 米軍はいやいや空爆支援を続けている。

 安倍首相が「石油」という生命線があぶないという「口実」でもって、イラクに「わが軍(自衛隊)」を派遣する恐れが強まった。

          *

          *

〔★は大沼〕◎ 英紙インディペデント、パトリック・コバーン特派員電 : Isis stalemate forces US into a cold assessment of Iraq government and other potential allies ( 戦線膠着状態は米国にイラク政府および同盟者に対する冷静な再評価を迫る)
 (19日付け)⇒ http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/isis-stalemate-forces-us-into-a-cold-assessment-of-iraq-government-and-other-potential-allies-10188267.html 

 ・ As Iraqi government forces battle Isis for control of the country’s largest oil refinery at Baiji and the city of Ramadi, doubts are being raised about the national army’s long-term strength and cohesion.

 Isis suicide bombers had blasted their way through the refinery’s defences and taken over oil facilities, including storage tanks, a technical institute and a

 ・ But it has shown that it retains its offensive capability and its conscription of men from the population under its control means it can launch attacks on many fronts at once.

          *

★〔新刊案内〕◆ パトリック・コバーン著、『イスラム国の反乱 ISISと新スンニ革命』(緑風出版)

 ◎ お急ぎの時は ⇒ http://honto.jp/netstore/pd-book_27077869.html

Posted by 大沼安史 at 07:33 午後 |