« 〔フクシマの歌〕◆ 高木桂子さん、『青雨記』より / (爆発後はじめての雨) 繊すぎる雨の降りきてをさなごのやはき身体を汚しゆくなり  | トップページ | »

2015-04-26

〔あじさいは光の花〕◆( 大倭紫陽花邑 ・ 機関紙 「おおやまと」 4月号より)/ 矢追日聖さん、1992年8月2日、80歳の講演より / 「その光明皇后さんは花を持って出て来てね、仏教やから蓮の花やったらまあ話わかるんやけれども、紫陽花やねん。そしてね、「地下水の如く清く流れ、紫陽花の如く美しく咲け」と言われた。「どういう意味かな?」と思ぅておってんけどね……」

 〔★は大沼〕 ◎ 「おおやまと」電子版 ⇒ http://www.ohyamato.jp/ohmotomiya/pdf/oymt201504.pdf

 ★ 帰幽4年前の講話。

 法主さま(日聖さん)は、こうも言っている。

          *

 ・ 霊的に感応して来るのは、人格霊・子幽霊または畜生霊のどっちかです。それを、「この神さんを信仰したら御利益ある」と言うのは、ほとんど偽もん。ところが、そういう嘘言うたら流行(はや)んねん。それは宗教じゃなくて企業なんですよ。

 ここでは、「うちの神さん、なんぼ拝んでも御利益ないで」とほんまのこと言うてる(笑)。……

          *

 ★ 日聖さんは、4月号(今月号)の別のところで、こう書きのこされている。

          *

 ……だから死んだらしまいと信じている世の多くの人々に、「死んだら、死んだ世界の人々の世界がある」ということを、私は知らせてやりたいだけのこと、姿なき人間の世界だがね。……ついでにこの世界には吾々人間界も含まれていることもね。

          *

          * 
 
 〔★は大沼〕 ◎ 「おおやまと」電子版 ⇒ http://www.ohyamato.jp/ohmotomiya/pdf/oymt201504.pdf

 ◎ 矢追日聖さん略歴 ⇒ https://kotobank.jp/word/%E7%9F%A2%E8%BF%BD+%E6%97%A5%E8%81%96-1657035

Posted by 大沼安史 at 10:28 午前 |