« 〔チェルノブリへ、森林火災、迫る!〕◆ 30キロ圏内 1992年以来、最悪の事態 1万ヘクタールを焼く / 森林放射能が火災によって再拡散! 「呼吸被爆」招く  | トップページ | 〔美しい国は、東京オリンピックへ、粛々と進む〕◆ 「 千葉県柏市のある小学校で去年12月21日に朝、母親が6年生の男と子をおこしに行ったら亡くなっていたという悲しい出来事があったばかりだが今度は先週に同じ小学校の2年生の男の子がサッカークラブの練習中に倒れそのまま亡くなった。病名は突発性不整脈だそうです」/ 「東北、関東は生活空間が放射性廃棄物が入れられた大きなドラム缶の中で暮らしているようなものです」 »

2015-04-30

〔フクイチ核惨事〕◆ 新たな恐怖! 海外の研究者や政府関係者が不安視、苛立つ最悪の「地底臨界」危機進行中? ★ 東電、アフリカで20億年前に起き、数10万年続いた「オクロ天然原子炉」を、人工的に再現? フクイチは「核の臨界活火山」と化した?

 〔★は大沼〕◎ 週プレ 
 (28日付け)⇒ http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/playboy-20150428-46924/1.htm

          *

 ◎ 「オクロ天然原子炉」ウィキ ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%81%AE%E5%A4%A9%E7%84%B6%E5%8E%9F%E5%AD%90%E7%82%89

          *

 ・ 通常ならば、原子炉や実験施設内でコントロールされる「再臨界」は自然状態でも一定の条件が整えば起き得る。その条件とは中性子と水、地質。IAEA技術会議のシミュレーションでは、まず原発地下の水流と岩盤層が中性子の反射装置となり、デブリ内のウランやプルトニウムが連鎖的に核分裂していく。

 そして膨大な崩壊熱で水蒸気爆発が繰り返され、新たに生まれた放射性物質が地上へまき散らされる…。

 琉球大学理学部の古川雅英教授(環境放射線学)は、こう分析する。

 「そうした自然界の臨界現象は、アフリカ中西部のウラン鉱山(ガボン共和国オクロ)で20億年前に起きており、当時の地層が海底にあったことが中性子による核分裂反応を少なくとも60万年間にわたり持続させたようです。その点では、大量の地下水が流れる福島第一原発の地質構造も共通した条件を備えているかもしれません」

 飛距離パワーが強く、人体を含めて通過した物質の原子を「放射化」させる中性子線そのものの威力はとてつもない。1999年に東海村の核燃加工場で起きた「JCO臨界事故」では、ウラン化合物約3㎏の連鎖分裂で半径10㎞圏の住民約30万人が屋内退避した。

 それに対して、質量がケタ外れに多い福島第一原発のデブリが「地底臨界」すれば、東日本どころか地球規模の超巨大原子力災害に突き進む! だからこそ海外の研究者や政府関係者たちも福島第一原発事故処理の不透明な現状に対して不安と苛立ちを募らせているのだ。

 事実、この悪夢のような破局シナリオが決して絵空事でないことは、他の科学的事実からも裏づけられる。

 そのひとつ、CTBT(包括的核実験禁止条約)に基づき「日本原子力開発機構」が群馬県高崎市に設置した高感度の放射性核種監視観測システムには、昨年12月から福島第一原発の再臨界を疑わせる放射性原子、ヨウ素131とテルル132が検出され続けている。

 また福島第一原発2号機横の観測井戸では、今年に入って新たな核分裂反応の再発を示すセシウム134とトリチウムの濃度が高まるばかりだ。昨年秋に開通した国道6号線の第一原発から第二原発までの12㎞区間でも高線量が続いている。

果たして、福島第一原発はメルトアウトで地底臨界という最悪の事態を迎えつつあるのか?

Posted by 大沼安史 at 08:23 午前 |