« 〔美しい国の総理大臣が行く〕◆ 安倍首相、「英語演説でちょっと神経質になっているでの、米議会のみなさんにはお手やわらかに」とお願い 「日本(国会)では、野次に対処しなければならない」といって、ヤジ(怒号?)も牽制 / AP通信が報道 | トップページ | 〔美しい国の総理大臣、アメリカへ行く〕◆ ボストンの「ジョン・F・ケネディ記念図書館」を、長女のキャロライン・ケネディ米駐日大使の案内で視察 ★ 「赤ちゃんが一人でも奇形を持って生まれてくるということは……我々が無関心を装ってもよいような、単なる統計ではない」――ケネディ大統領はこう言って核の恐ろしさを警告していた! 安倍首相はこの意味をかみしめるべきだ! »

2015-04-27

〔フクイチ・アウト・オブ・コントロール〕◆ 周辺地域で線量が1000倍に急上昇! “フクイチ”で何かが起きている!? ◆ 東京でも最大4倍の急上昇 / 南相馬市では、復旧したての常磐自動車道・南相馬鹿島SA(サービスエリア)ポストで通常線量の1000倍にあたる毎時55μSv(マイクロシーベルト)を最大に、市街地各所で数十倍の上昇が見られた。

★  安倍首相は在米中、米国のメディアから、フクイチはほんとうに「アンダー・コントロール」しているのか、と確認の質問を浴びることになろう。

 〔★は大沼〕◎ 週プレ : (27日付け) ⇒ http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/playboy-20150427-46919/1.htm

 ・ それぞれの線量上昇時には福島第一原発方向からの風が吹いていた。福島県内各地の放射能汚染を詳しく調べてきた「南相馬・避難勧奨地域の会」の小澤洋一さんはこう語る。

 「これら福島県が設置したモニターの高線量折れ線グラフは、異様に長い剣のように突き出た1、2本のピークが特徴的で、しかも短時間に限られた場所で現れたため、あいにく私の個人測定ではキャッチしていません。

 しかし福島県は、この後すぐに40ヵ所ものモニターを“機器調整中”とし測定を止めました。この対応はあまりにも不自然だと思います。もし本当に高額な精密モニター機器が何十台も同時故障したというなら、それ自体が行政上の大問題でしょう」

 ・ この福島第一原発2号機の温度急上昇と関係がありそうな異変は、実は福島県以外にも及んでいた。そのひとつが4月7日の東京都内だ。

 本誌は原発事故から4年間、都内43ヵ所の「定点」で月数回ペースの線量測定を実施してきた。そして北東・北方向から4、5mの風が吹き続けた7日正午から夕方にかけて、港区・新宿区・渋谷区・世田谷区を中心にいつもの2~4倍に達する線量上昇を確認した。

 また「原子力規制委員会」が公開した4月中旬までの全国線量グラフにも東北各県や神奈川県などで急激な上昇が見られた。

Posted by 大沼安史 at 12:34 午後 |