« 〔ニューヨーク・タイムズの東京支局長、マーティン・ファクラーさん〕◆ 「問題はそれに疑問も挟まず、従って何の質問もせず、説明も求めないメディアの方です」 / 「一部の自民党の政治家や官僚とジャパンハンドラーとの付き合いしかないのです。……そういう人が同盟関係を管理している。だから、辺野古しかないという結論になってしまう。もっと幅広い人脈と付き合っていれば、さまざまな意見、選択肢が出てくるはずです」 | トップページ | 〔パトリック・コバーン記者 中東レポート〕◆ 「イスラム国」支配下のティクリットを、「イラク政府」側が奪還するも、米軍の空爆支援下ではゲリラ戦術に転じて正面戦を回避する「イスラム国」側の撤退戦術か? / 「イラク政府」側の侵攻、イラン軍将校らの指揮下に行なわれた疑い!  »

2015-04-06

〔沖縄 命は宝(ヌチドゥ タカラ)〕◆ ≪米カウンターパンチ誌≫米国の歴史家、チャルマーズ・ジョンソンさんは書いた! / 沖縄で1988年から1995年までの7年間、「性暴力」で米軍の軍事法廷にかけたれた米兵は169人! もちろん氷山の一角! ★ 「ヘノコ」でこの時間も「粛々」と続けられているのは、米国のジャパン・ハンドラー(調教師)に服従した安倍政権による「集団自衛権レイプ」である!

Printmag
 ★ 今から20年前、3人の米兵が沖縄の12歳の少女を拉致し、集団レイプしたとき、8万5000人もの大規模抗議デモが起きた。

 そのとき、米軍のトップは、「(3人の米兵が借りた)レンタカー代で、女の子をひとり、買えたはずなのに」と言って、沖縄の怒りを増幅させたという。

 安倍政権の「上から目線/粛々」は、この米軍トップの目線・物言いと同じである。

 いのちの尊厳を、ひめゆりたちのいのちの春を、辺野古の春の海を蹂躙してはならない! 

 フクシマを、NHKを、本土マスコミを、アンダーコントロール化において、傲慢な態度をとり続ける安倍政権に、引導をわたすべき時が来た!

          *

◎ 関連 

 ◆ 琉球新報 : 「キャラウェイと重なる」 知事、弁務官例え批判 菅官房長官と初会談 
 ⇒ http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-241467-storytopic-53.html

 ・ 翁長氏は「『粛々』という言葉を何度も使う官房長官の姿が、米軍軍政下に『沖縄の自治は神話だ』と言った最高権力者キャラウェイ高等弁務官の姿と重なる。県民の怒りは増幅し、辺野古の新基地は絶対に建設することはできない」と強く批判した。

 ・ 日米安保体制の重要性は認識しているとした上で「基地建設のために土地を強制接収され、県民は大変な苦しみを今日まで与えられてきた。そして普天間飛行場は世界一危険になったから『危険性除去のために沖縄が負担しろ』と言う。(反対すると)『日本の安全保障はどう考えているんだ』と言う。こんな話が出ること自体、日本の政治の堕落ではないか」と批判した。
 さらに「(辺野古新基地)建設途中で頓挫することで起こり得る事態は全て政府の責任だ。辺野古(移設)ができなければ、官房長官もラムズフェルド元国防長官も世界一危険だと言う普天間飛行場が固定化されるのか聞かせてもらいたい」と突き付けた。

          *

 ◆ 沖縄タイムス・社説 : [翁長・菅初会談] 菅流 上から目線にノー / 翁長氏は普段より強い調子で沖縄の民意を代弁した。
 ⇒ http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=110476

          ◆

 〔★は大沼〕◎ 米カウンターパンチ誌 : Sexual Violence is a Trademark of Imperialism(「性暴力は帝国主義のトレードマーク」) by BRIAN PLATT
  ⇒ http://www.counterpunch.org/2015/04/03/sexual-violence-is-a-trademark-of-imperialism/

          *

 ・  Twenty years ago 85,000 Okinawans took to the street in protest after two American marines and a sailor kidnapped and raped a 12 year old Okinawan girl “just for fun” according to one of perpetrators. Admiral Richard C. Macke, commander of US forces in the Pacific, heaped insult onto injury when he responded to questions about the rape, “I think that [the rape] was absolutely stupid. For the price they paid to rent the car, they could have had a girl,” meaning a prostitute from one of the many brothels set up for the use of American servicemen.

 Indeed the life of Okinawans is considered cheap by their American occupiers. As historian Chalmers Johnson notes, between 1988 and 1995 169 soldiers in Okinawa were court-martialed for sexual assault. This rate was twice the rate of the general population in the United States. A startling fact consider the great lengths the military goes to cover-up rape at its overseas bases and the immense social pressure in places like Okinawa on women not to report. In fact the 169 number must be a vast underestimation of the actual level of victimization. (Blowback)

Posted by 大沼安史 at 09:06 午前 |