« 〔ウォールストリートジャーナル〕◆ 避難勧奨地点「解除は不当」 福島・南相馬の530人提訴 ―― 東京地裁 / 提訴後に記者会見した原告で地元区長会会長の菅野秀一さん(74)は「国際基準と比べ、年20ミリシーベルトはあまりにも高い」と指摘。この基準を基にした解除は不当と訴えた。 | トップページ | 〔その名も≪頭が爆発するシンドローム≫! 米国の学生5人に1人が経験!〕◆ 米CBS放送、英紙インディペンデントが報道 / Exploding head syndrome! / 「志向性エネルギー兵器によるものではないかと疑う人々も」 »

2015-04-19

〔帰還して年間20mSv被爆生活!〕◆ 米有力誌「フォリン・ポリシー(FP)」が、「前の基準は、1mSv。20mSvは、ほとんどの原発労働者と同じ」と指摘! ★ ああ、ヒロシマ70年の、フクシマ受難よ! 

 〔★は大沼〕◎ FP : The Mushroom Cloud and the X-Ray Machine 70 years after Hiroshima, scientists still don’t truly understand the health risks of radiation.(キノコ雲とレントゲン / ヒロシマ70周年 科学者は被曝の健康リスクをいまだ本当に理解していない): SARAH LASKOWさんが執筆
 (3月26日付け)⇒ http://foreignpolicy.com/2015/03/26/low-dose-radiation/

          *

 ・ In the aftermath of Japan’s nuclear accident, the country’s general public is being pushed to take on more risk of chronic exposures. Last year, some of the first evacuees from the area around Fukushima returned home to contaminated areas that have been cleaned up, but not entirely. Members of the public can now legally receive higher radiation doses than they could before the disaster: 20 mSv per year—the same as most nuclear workers—compared with the previous 1 mSv limit.

Posted by 大沼安史 at 11:39 午前 |