« 〔イスラム国の反乱〕◆ イラク・クルディスタンの首都、エルビルの米領事館に対し、自爆攻撃 / エルビル領事館は、セキュリティー上の懸念から、バクダッド大使館の大使館員を移していた避難場所……そこに自爆テロの自動車が突っ込んだ! | トップページ | 〔フクイチ・アウト・オブ・コントロール〕◆ (飯山一郎さんが画像分析) /  ことし(2015年)1月31日、「3号機の地下深くで、沈み込んだ100トン近い核燃料が核爆発」/ (続いて)3月20日、「激烈な水蒸気爆発が連続的に発生」 »

2015-04-18

〔翁長・沖縄知事、安倍首相と初会談〕◆ ロイター通信が「日本のアベと沖縄知事が、日米サミットを前に、米軍基地をめぐって、激突!(Japan's Abe, Okinawa governor clash over U.S. base before U.S.-Japan summit)」と、全世界拡散報道! / 翁長知事、「新基地をわたしは絶対許さないと、オバマ大統領に会ったら伝えなさい」と首相に迫った!

 ★ ロイター電は沖縄の怒りを、翁長知事の満身の憤怒を、ストレートに伝えている!

          *

 〔★は大沼〕◎ ロイター
   ⇒ http://www.reuters.com/article/2015/04/17/us-japan-usa-okinawa-idUSKBN0N80PH20150417

 ・ "I said that I will never allow a new base in Henoko," Onaga later told reporters, adding he had asked Abe to convey the prefecture's stance to U.S. President Barack Obama at their summit in Washington on April 28.

          *

 ◎ 関連 / 琉球新報 : 翁長知事、首相に辺野古断念迫る 初会談
 ⇒ http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-241929-storytopic-271.html

 ・ 会談の冒頭で、翁長知事は昨年の名護市長選、知事選、衆院選の全てで辺野古移設反対の候補が当選しており「辺野古新基地反対という圧倒的民意が示された」と強調した。その上で「(強制接収で)自ら土地を奪っておきながら、老朽化して世界一危険だから沖縄が負担しろ、嫌なら代替案を出せという、こんな理不尽なことはない」と述べ、辺野古移設を強行している首相を批判した。

          *

 ◎ 沖縄タイムス : 翁長知事・安倍首相会談全文
  ⇒ http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=112136

 ・ 翁長知事 全ての選挙で辺野古新基地反対という圧倒的な民意が示されたわけであります。沖縄は自ら基地を提供したことは一度もございません。普天間飛行場もそれ以外の基地も戦後県民が(捕虜)収容所に収容されている間に、(土地が)接収された。または居住場所をはじめ銃剣とブルドーザーで強制接収され、基地造りがなされたわけであります。

 自ら土地を奪っておきながら老朽化したから、世界一危険だから沖縄が負担しなさい。嫌なら代替案を出せと言われる。こんな理不尽なことはないと思います。

          *

 ◎ 琉球新報 : 翁長知事、来月末にも訪米 米政府に辺野古撤回要求へ
 ⇒ http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-241930-storytopic-271.html

          *

 ◎参考 朝日新聞デジタル ⇒ http://www.asahi.com/articles/ASH4K4GBRH4KUTFK00F.html

 ・ 安倍晋三首相は17日午後、首相官邸で翁長雄志(おながたけし)・沖縄県知事と会談した。昨年12月に翁長氏が知事に就任してから、首相と会うのは初めて。首相は、沖縄県と対立する米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設に理解を求めた。

Posted by 大沼安史 at 10:52 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔翁長・沖縄知事、安倍首相と初会談〕◆ ロイター通信が「日本のアベと沖縄知事が、日米サミットを前に、米軍基地をめぐって、激突!(Japan's Abe, Okinawa governor clash over U.S. base before U.S.-Japan summit)」と、全世界拡散報道! / 翁長知事、「新基地をわたしは絶対許さないと、オバマ大統領に会ったら伝えなさい」と首相に迫った!: