« 〔イエメン戦争激化〕◆ サウジ主導の空爆で「こどもたち75人が犠牲になって死んでいる」と「ユニセフ(国連児童基金)」が声明で非難 / 米オバマ政権 サウジなどへ兵器援助 ★ いまや「アベノわが軍」と化した自衛隊は、こんなところで使われることになるのか! | トップページ | 〔We are not Abe.〕◆ ツイッター報道 : 世界がハラハラ、日本政治! (世界時事風刺画集) ◆ そして日本国内・ネット拡散中の「風刺ポスター」 »

2015-04-09

〔後藤さんら帰らず〕◆ 安倍首相がまたしても、≪「イスラム国」と闘う周辺国を支援≫カイロ演説を正当化! / 「脅しに屈せずに頑張っている国々に対して、あなたを支援していきますよとメッセージとして出していくのは、当然のこと」★ 結局は、〔I am not Kenji.〕 なんだ、この人は……。

 ・ 「ISILは脅かしをかけている。しかし、その脅かしにも屈せずに頑張っている国々に対して、私たちもあなたを支援していきますよということをメッセージとして出していくのは、私は当然のことだろうと思います。それは、たとえ日本人の人質をとろうとも、私たちはそれを曲げることはない。このことによって国際社会はISILの動きを止めることができるんだろうと、この信念を私は変わることはありません」(安倍晋三総理大臣)

          * 

 〔★は大沼〕◎ TBS(8日付け) ⇒ http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/tbs-20150408-31818/1.htm

          *

 ・ 1月に、過激派組織「イスラム国」に日本人2人が拘束される中、安倍総理大臣が中東で行ったスピーチについて、野党側が「イスラム国」を刺激するような表現は避けるべきだったのではと追及したのに対し、安倍総理は改めて反論しました。
 「『ISILと闘う周辺各国に』と、このように表現されていらっしゃる。日本人が人質にとられているという現実を踏まえれば、これは言葉に出さないで、そして、しかし、テロには厳しく対応する、こういった姿勢が私はあるべきだったと思うのですが、総理、いかがでしょうか」(民主党 小川敏夫議員)

 ・  民主党の小川議員は安倍総理の答弁に対し、「総理の話を聞いていると、大きな国家の目的のためには一人ひとりの国民の命は顧みなくていいと言っているように聞こえる」と追及しました。

 これに対し、安倍総理は、「今、小川さんの発言に民主党から拍手が出たことにあ然とした。日本人から人質をとれば日本の意思をくじくことができる、それでいいと宣言したようなものだ」と逆に批判したうえで、「人質事件が長引いていけば、我々はずっとそういうメッセージを出すことができないということになる。全ての国がそういう国になったとしたら、ISILはどんどん彼らの支配地域を増やしていくだろう」と反論しました。

Posted by 大沼安史 at 09:23 午前 |