« 〔安保法制 自公協議が決着〕◆東京新聞 / 他国を武力で守る集団的自衛権の行使は事後承認も容認! / 安全保障法制の制定により、自衛隊はどこへでも派遣され、他国軍の防護はもちろん、海外における武力行使まで可能になる。憲法改正を抜きにした「国防軍」の誕生である。その結果、改憲の動きは加速されるだろう。それこそが安倍晋三政権の真の狙いかもしれない。 | トップページ | 〔首相官邸の屋上に無人機〕◆ 「機体に取り付けられていたプラスチック製の容器の付近から放射性セシウム134などが検出」 »

2015-04-22

〔安倍首相 ジャカルタ演説〕◆ 米国営・公式放送「VOA(アメリカの声)」、<安倍首相は戦争の過去について「深い反省("deep remorse" )」とは言ったが、日本の植民地侵略の犠牲者に対する、過去の公式謝罪を繰り返さなかった>と速報! / 「強い者が、弱い者を力で振り回す」と、暗に中国を批判! ★ オバマ政権は安倍首相がインドネシアで何をいうか、言わないか見ていた( his closely watched speech )!

★ 「強い者が、弱い者を力で振り回す」――は、公式英訳では、 bullying its neighbors という表現だったようだ。

 日本語でいう「弱いものいじめ」って感じ(……では?)。

 これは一国の首相がいう言葉だろうか?

 VOA(ヴォイス・オブ・アメリカ)は、アメリカ政府の国営公式放送である。

 The Voice of America (VOA) is the official external broadcast institution of the United States federal government

 

 〔★は大沼〕◎ ⇒ http://www.voanews.com/content/japan-pm-shinzo-abe-china-

president-xi-jinping-to-meet-at-asia-africa-summit/2729744.html

 ・ Japanese Prime Minister Shinzo Abe expressed "deep remorse" for Japan's wartime past in a speech Wednesday, but failed to repeat previous official apologies to the victims of Japan's colonial aggression.

 ・ His Jakarta speech made only passing reference to Japan's past militarism, noting Tokyo had "feelings of deep remorse over the past war" but insisting its leaders had long ago committed to the principles of peace.

 ・ Abe also took a veiled swipe at China during his closely watched speech at the Asia-Africa summit in Indonesia, which many hoped would serve as an opportunity for Tokyo and Beijing to mend damaged ties.

 ・ Abe also said the international community should "never allow to go unchecked the use of force by the mightier to twist the weaker around."

 This was an apparent reference to China, which has been accused of bullying its neighbors and is involved in a worsening dispute with Tokyo over a group of strategic islands in the East China Sea.

 ・ Earlier, Abe and Chinese President Xi Jinping exchanged greetings and politely shook hands at a photo session to kick off the conference.

 ◎首相官邸 : アジア・アフリカ会議(バンドン会議)60周年記念首脳会議における安倍内閣総理大臣スピーチ
 (22日)⇒ 

http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2015/0422speech.html

 ・ “国際紛争は平和的手段によって解決する。”
 バンドンで確認されたこの原則を、日本は、先の大戦の深い反省と共に、いかなる時でも守り抜く国であろう、と誓いました。

 ・ 強い者が、弱い者を力で振り回すことは、断じてあってはなりません。

Posted by 大沼安史 at 06:48 午後 |