« 〔フクイチの悪魔は、70年前の≪トリニティー≫で生まれた!〕◆ 「世界初の核実験が行なわれた、米ニューメキシコのアラモゴード実験地跡を公開 / 「風下被曝」に苦しむトゥラロサ盆地住民(ヒスパニック、先住民族ら)のひとり、父親を癌でなくしたティナさんは、「トリニティー」で、地元の人間がいまなお影響を受けていることを知ってほしいと言った。 | トップページ | 〔フクイチ核惨事〕◆ 福島県警が夜間、構内で、防護服の作業員を職質! / 「夜勤の時、福島第一の敷地内を防護服を着て歩いていたら、福島県警の車に乗った警察官に呼び止められた」★ フクイチは「核テロ」のかっこうのターゲットだ! 警察官(拳銃で武装)が警備するのは当然だが、警察官たちの放射線防護は大丈夫か? »

2015-04-05

〔沖縄の美ら海を守れ〕◆ 仏紙ルモンドが「辺野古」ルポ報道 :「日本で続く、沖縄の孤独な戦い(Au Japon, le combat solitaire d’Okinawa)」/ シマブクロ・フミコさんは勇敢な人だ。「わたしの体は米軍の火炎放射に焼かれた。先祖の土地はかけらも渡さない」――85歳の高齢にもかかわらず、全ての抗議行動に参加し、負傷もしている。/ 東京の冷淡さは島民らの「沖縄独立」を求める声を強めている! 

 ◎ ルモンド: Au Japon, le combat solitaire d’Okinawa (Par Philippe Pons (Baie d'Oura, envoyé spécial)
 (3月25日付け)⇒ http://www.lemonde.fr/asie-pacifique/article/2015/03/25/int-au-japon-le-combat-solitaire-d-okinawa_4600787_3216.html

 ・ « Je porte sur mon corps les cicatrices des brûlures des lance-flammes américains et je refuse de céder la terre de mes ancêtres », martèle Fumiko Shimabukuro. Vaillante en dépit de 85 ans, présente à toutes les manifestations, elle a récemment été légèrement blessée.

 ・ L’indifférence de Tokyo renforce en tout cas une revendication identitaire dont s’est fait écho le gouverneur lors sa campagne électorale (« Non aux idéologies. Oui, à l’identité d’Okinawa ») et alimente une demande croissante d’autonomie de la part des habitants.

          *

 ◎ 内田樹さんがブログでルモンド記事の全文を日本語訳!
   「内田樹の研究室」⇒ http://blog.tatsuru.com/2015/04/03_1842.php

Posted by 大沼安史 at 09:39 午前 |