« 〔希望の歌が聴こえる〕◆ イスラエル出身のヤロン・コールベルクさんとパレスチナ出身のビシャラ・ハロニさんがピアノ・デュオ「アマル(アラビア語で「希望」)」を組み、ショスタコーヴィチ:2台ピアノのためのコンチェルティーノ(作品94)を演奏 / あるいは、奥平康弘先生、最後の言葉 | トップページ | 〔フクイチ核惨事〕◆ 天皇陛下のお言葉 / さらに,この震災により,原子力発電所の事故が発生し,放射能汚染地域の立入りが制限されているため,多くの人々が住み慣れた地域から離れることを余儀なくされました。今なお,自らの家に帰還する見通しが立っていない人々が多いことを思うと心が痛みます。/ 被災地に1日も早く安らかな日々の戻ることを一同と共に願い,御霊(みたま)への追悼の言葉といたします。 »

2015-03-12

〔フクイチ核惨事〕◆ 吉永小百合さんは昨年12月、「自分の目で確かめておこうと……ガイガーカウンター(放射能測定器)を持って原発事故の帰還困難区域、福島・双葉郡も訪れ」た。/ 10日の朗読会「祈るように語り続けたい 第二楽章 福島への思い」後の会見で、「原爆は復興できたけれど、福島はまだ終わっていないことがあまりに多すぎて。(詩を)読む方もつらい」と語った。

 ◎ スポーツ報知 : 吉永小百合、涙こらえ朗読「山も川も海も美しい元の福島に戻って」…3・11から4年
  (11日付け)⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150310-00000277-sph-ent

 ・この日の朗読会で読まれた詩が収録されたCDは11日に発売される。被災者の悲痛な思いが詰まった1枚でもあるだけに、涙ぐみながら「政府に持っていって聴いてもらいたいくらい」とも語った。

Posted by 大沼安史 at 09:12 午前 |