« 〔フクイチ・アウト・オブ・コントロール〕◆ 「フクシマの≪アイス・ウォール(凍土壁)≫ 雲散霧消」 / アルジャジーラが全世界告知報道 / 「ドラマチックなほど金がかかり、完全に不効率なものと判明」 | トップページ | 〔フクイチ核惨事〕◆ 「原発は神の定めに反し、自然を支配しようとする暴挙。即時廃止を求める」/ 日本カトリック司教協議会会長の岡田武夫・東京教区大司教がバチカンの聖ペトロ墓前ミサで明言 / 「9条を事実上無効にする動き」や「沖縄での住民の願いを踏みにじる動き」を非難 »

2015-03-26

〔フクイチ核惨事〕◆ 原発事故を「バベルの塔」になぞらえ警鐘 ローマ法王 / 20日、日本カトリック司教団と会談 「人間が思い上がり、恣意的な動機で自分に都合のいい社会を作ってしまう。自分のためになると思ってしたことが自分を破壊する結果になっている」と指摘。文明を破壊する最たるものとして兵器の製造・輸出を挙げ、「そこが莫大な富を得ているのが問題だ」

◎ 朝日新聞
 (24日付け)⇒ http://www.asahi.com/articles/ASH3S555HH3SUHBI01V.html

 ・ フランシスコ法王は20日、バチカン(ローマ法王庁)で日本カトリック司教団と会談し、東日本大震災で起きた福島第一原発事故などを旧約聖書の「バベルの塔」になぞらえ、人間の思い上がりが文明の破壊を招くと警鐘を鳴らした。

 ・ 司教団は2月、戦後70年のメッセージを発表し、戦時下で起きた人道に反する罪の歴史を否定する動きや、集団的自衛権の行使容認により事実上憲法9条を変えようとする政治の流れに懸念を表明。バチカンの首相にあたるパロリン国務長官との会談では、このメッセージや憲法9条などについて話し合い、パロリン氏はメッセージを日本政府に手渡すことを促し、「対話をさせるためには働きかけなければならない」と述べたという。

          *

◎ バチカン放送局 ⇒ http://ja.radiovaticana.va/news/2015/03/20/日本の司教団、バチカン定期訪問/1130804

Posted by 大沼安史 at 02:57 午後 |